仕事やおしゃれにピッタリの1足が見つかる♡疲れないパンプス10選

Fashion

「パンプスを履くと疲れる」「外反母趾で靴が痛い」と思っている方は多いのではないでしょうか。もしかしたら、選び方が間違っているかもしれません。
そこで今回は、疲れにくいパンプスの選び方を解説!
また、疲れない・痛くないと評判の人気パンプスブランドもご紹介します。仕事用やオケージョン用などのパンプスを探している方は、ぜひチェックしてくださいね。

flowers
Aiko
2022.11.24

長時間歩いても疲れないパンプスの選び方

疲れないパンプスの選び方出典:www.shutterstock.com

長時間歩いても疲れないパンプスは、選び方が重要です。
ここではまず、自分に合ったパンプスを選ぶためのポイントをチェックしてみましょう。

選び方①足にフィットするかをチェック

まずは、足にきちんとフィットしているかどうかを確認しましょう。
長さのサイズだけでなく、足幅や足囲(ワイズ)も重要なポイントです。

チェックするべきポイントは5つ。

  • かかとがパカパカしない
  • 足の甲に隙間がない・食い込んでいない
  • つま先や側面が飛び出していない
  • つま先やくるぶしに当たるところがない
  • 土踏まずがフィットしている

この5項目をすべて満たしていれば、足が疲れにくい・痛くないパンプスといえます。
片足だけ合わないような場合は、インソールなどを利用してフィット感を調整しましょう。

選び方②足型に合うデザインかをチェック

足型に合うデザインの疲れないパンプス出典:www.shutterstock.com

次に、足型に合ったデザインを選びましょう。
特にトゥデザインは、足に合ったものを選ぶことで疲れにくくなります。

  • 親指が1番長い:ラウンドトゥ
  • 人差し指が1番長い:ポインテッドトゥ、ラウンドトゥ、アーモンドトゥ
  • すべての指がほぼ同じ長さ:スクエアトゥ、ラウンドトゥ

また、足の幅が広い・外反母趾の方は、レザーやスウェードなど足に馴染みやすい素材を選ぶと◎
そのほか、仕事用・オケージョン用など、用途に合ったデザインかどうかもチェックしてくださいね。

選び方③ヒールの高さをチェック

ヒールの高さは、パンプスの使用シーンに合わせて選びましょう。

  • ローヒール:〜3cm
  • ミドルヒール:3〜6cm程度
  • ハイヒール:7cm以上

通勤や仕事、たくさん歩く予定のある日は、ローヒールやミドルヒールがおすすめ。ヒールのないフラットシューズも良いでしょう。

結婚式などの華やかな場面では、ハイヒールがピッタリです。なるべく、疲れにくい太めのヒールのパンプスを選ぶことをおすすめします。

また、ヒールの位置がかかとの中央にあると◎安定感が増して、疲れにくくなりますよ。

仕事もオフも♡疲れないパンプス【人気ブランド】5選

ここからは、おすすめの疲れにくいパンプスブランドをご紹介します。
まずは、仕事用にもオフの日にも履きやすい、人気ブランドをチェックしましょう。
足に合うパンプスを長く履きたい方は、参考にしてくださいね。

アシックス商事 Lady worker

アシックス商事 レディーワーカー出典:www.asics-trading.co.jp

最初にご紹介するのは、アシックスの『Lady worker(レディーワーカー)』。その名の通り、働く女性のためのブランドです。
日本のシューズブランドが手がけていて、スニーカーのように楽な履き心地。長時間歩いても疲れないと評判です。
立ち仕事のためのモデルなど、多彩なラインナップも魅力!
仕事用の疲れないパンプスを探している方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ABCマート NUOVO お仕事Fitシリーズ

ABCマート NUOVO出典:www.abc-mart.net

靴といえばABCマート。『NUOVO(ヌオーヴォ)』は、トレンド感のある靴が揃うオリジナルブランドです。

仕事用のパンプスは『お仕事Fitシリーズ』をチェック。正統派のデザインで、ヒールの高さは2.5cmから、ワイズは2E〜4Eまで揃います。

しなやかなアッパーと屈曲性の良いアウトソールで、足にピッタリとフィットするのが特徴です。
パンプス初心者の方にもおすすめですよ。

アキレス ALL DAY Walk

アキレス オールデイウォーク出典:www.achilles-shoes.com

「20キロ歩いても疲れないパンプス」として知られるアキレスの『ALL DAY Walk(オールデイウォーク)』。
度重なる災害によるニーズから、長時間歩けるスニーカーのようなパンプスが開発されました。

仕事やフォーマルシーンにピッタリのプレーンなパンプスや、デイリーにも使える可愛いデザインのものなどが揃っています。

fitfit パンプニーカー

fitfit パンプニーカー出典:fitfit.jp

fitfit(フィットフィット)は、「外反母趾にもやさしい靴」をコンセプトにしたブランドです。
おすすめはスニーカーのような履き心地で人気の『パンプニーカー』シリーズ。ストレスを極力軽減した設計になっていて、心地良く履くことができます。

サイズが21.5cm〜25.5cmまで展開されているのも嬉しいポイント!
「なかなか合うサイズがない」「走れるパンプスが欲しい」という方は、試してみると良いでしょう。

Wacoal サクセスウォーク

Wacoal サクセスウォーク出典:www.successwalk.jp

下着メーカーのWacoal(ワコール)には、シューズブランドもあるのをご存じですか?『サクセスウォーク』は、働く女性のパンプスに関する悩みを解決するために生まれました。

見た目だけでなく快適さを兼ね備えたサクセスウォークのパンプスは、仕事用のおしゃれな靴を探している方におすすめですよ。

安い♡疲れないパンプス【プチプラブランド】3選

ここからは、安い価格が魅力のプチプラブランドをチェックしましょう。
プチプラでもこだわって作られた、疲れにくいモデルをご紹介します。

おしゃれなパンプスをたくさん買いたい方や、ヘビロテできる安い価格のパンプスが欲しい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

GU マシュマロパンプス

GU マシュマロパンプス出典:www.gu-global.com

定番のプチプラブランドGU(ジーユー)は、靴も安い価格で手に入るのが嬉しいブランドです。トレンド感のあるおしゃれな靴が豊富に揃います。

GUで疲れにくいパンプスを選ぶなら、『マシュマロパンプス』がおすすめです。
フラットシューズからローヒール、ハイヒールまで揃い、デザインも多彩にあります。
仕事用はもちろん、デイリー用・オケージョン用など、目的に合った1足がきっと見つかりますよ。

ESPERANZA 12時間パンプス

ESPERANZA 12時間パンプス エスペランサ出典:store.world.co.jp

ESPERANZA(エスペランサ)の『12時間パンプス』は、その名の通り長時間歩いても疲れにくく痛くなりにくいモデル。販売スタッフからも支持され、リピーターも多い人気のパンプスです。

ヒールの高さやサイズ、カラーには豊富なバリエーションがあるのが魅力的!きっとピッタリな1足が見つかるでしょう。

防水性・防滑性が高いので雨に強いのも嬉しいポイント。外回りなどの仕事をしていて、毎日たくさん歩くという方は、ぜひチェックしてみてください。

無印良品 疲れにくいフラットシューズ

無印良品 疲れにくいフラットシューズ出典:www.muji.com

無印良品(むじるしりょうひん)では、『疲れにくい』シリーズの靴が人気です。
疲れにくいフラットシューズやパンプスは、デイリーに使えるデザインが魅力。クッション性があり、土踏まずをサポートするインソールで、履き心地も抜群です。
近くに店舗がある方は、ぜひ手に取ってみてくださいね。

おしゃれ♡疲れないパンプス【ハイブランド】2選

長く愛用できるスタイリッシュなパンプスを探している方のために、おすすめのハイブランドをご紹介します。
自分へのプレゼントにも、ぜひ検討してみて。

FABIO RUSCONI MILLY

FABIO RUSCONI出典:fabiorusconi.jp

人気のハイブランド、FABIO RUSCONI(ファビオルスコーニ)。
『MILLY(ミリー)』はシンプルなのに美しいシルエットで、長くラインナップされている人気モデルです。
仕事用からオケージョンシーンまで、幅広く使えるパンプスですよ。

KATIM LIEGE

KATIM出典:katim.sc

KATIM(カチム)は、日本人の足型を解析して作られているというブランドです。

仕事やデイリーに愛用できるパンプスは、『LIEGE(リエージュ)』がおすすめ。ポインテッドトゥなのに足先が詰まりにくく、疲れにくいよう設計されたモデルです。
素材も柔らかいゴートレザーで、長時間歩いても痛くないのも◎

疲れないのはもちろん、スタイリッシュなパンプスを選びたい方はチェックしてみてくださいね。

疲れないパンプスで仕事もおでかけも快適♡

疲れないパンプスで快適出典:www.shutterstock.com

仕事やお出かけで履くパンプスは、疲れない・痛くないものを選びたいですよね。上手に選べば、長時間歩けるパンプスや、走れるパンプスに出会うことができます。
ぜひこの記事を参考にして、愛用できる1足を選んでくださいね!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。