ママになってもスリムでいたい!産後に気になる腰まわりのダイエット法

美容

出産前に履いていたパンツを、産後も履くことはできますか?
産後に腰まわりが気になるママは多いですよね。
今回は、産後に気になる腰まわりを引き締めるダイエット法をご紹介いたします。

産後の腰まわりを引き締めるダイエット①正しい姿勢&ストレッチ

赤ちゃんを抱っこするママ引用:www.shutterstock.com

“正しい姿勢を意識する”ということも産後の腰まわりを引き締めるダイエット法のひとつ。
産後は腹筋も弱っているのに加えて、授乳やおむつ替えなど前傾姿勢になる動きが多く、猫背になっているママが多いのだそう。

猫背が楽に感じる……という方は、筋肉を使っていない証拠!
筋肉が使わていないので、代謝も悪くなって脂肪を溜め込みやすくなってしまいます。

でも急に猫背を直して良い姿勢を取ることは、なかなか難しいもの。
まずは、ストレッチを行って固まった筋肉をほぐしてあげましょう。

【肩甲骨を動かすストレッチ】

  1. 椅子に浅く座り、両手でタオルを肩幅くらいの長さで持つ
  2. 両腕を上に伸ばして、タオルを真っ直ぐに上げる
  3. 頭の後ろを通すようにタオルを下ろす
  4. 2~3を10回繰り返す

ポイントはタオルを上げ下げするときに、胸を前に出すようにすること。
固まっていた胸椎がほぐれて背骨のカーブが戻りやすくなります。

産後の腰まわりを引き締めるダイエット②ひねって絞るエクササイズ

エクササイズするママと子ども引用:www.shutterstock.com

産後は、子育てに追われて運動不足に陥るママも多いもの。
特に、生活の中で体を大きくひねるという動きは少なくなりますよね。
それによって腰まわりの筋肉がうまく働かなくなり、いつのまにかこわばってしまうことに……。

腰まわりの筋肉のこわばりを解消する“ひねって絞るエクササイズ”を行って、腰まわりの余分なお肉を改善していきましょう。

【ひねって絞るエクササイズ】

  1. 両腕を広げて手を頭の後ろに、両膝をつき肩幅に広げる
  2. お腹まわりを意識しながら、右に軽くひねる
  3. 身体をひねったまま、右に身体を倒し左側をしっかり伸ばし10秒キープする
  4. 2に戻りさらにひねった状態で、左側を伸ばす
  5. 2~4を3回繰り返す

反対側も同様に行います。
はじめて行う時は無理をせずに、慣れてきたら回数や秒数を増やしていくようにしましょう。

産後の腰まわりを引き締めるダイエット③骨盤ベルトを使う

ピジョンの骨盤ベルト引用:item.rakuten.co.jp

腰まわりを引き締めるダイエットで、産後すぐに取り組みたいのが“骨盤ベルトを使う”方法です。

出産で緩んだ骨盤を支えて、元の位置に戻して娠前の体型に戻すサポートをしてくれるので、骨盤まわりの筋肉が使われるようになり、冷えやむくみ、便秘など産後のお悩みにも効果が期待できるのだそう。

姿勢キープにもつながるので要チェックです!

pigeon 出産したら締める骨盤ベルト

¥3,520

販売サイトをチェック

産後の腰まわりを引きしめるポイントを、ダイエット法とあわせてご紹介いたしました。
どれも激しい運動ではなく、お家で取り組めるのも魅力的ですね。
妊娠前の体型を目指してはじめてみましょう!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。