冬こそ気をつけたい背中ニキビ。おすすめのケア方法とは?

美容

自分の美容に時間を割けない忙しいママにとって、洋服で肌を隠せる冬の季節は油断してしまう時期ですよね。
そのため、冬なのに背中にニキビができてしまうことが多いようです。
一度できてしまうとなかなか治らないニキビは早め早めのケアが大切!
今回は、ママでも簡単&時短でできるニキビケアをご紹介いたします。

普段のケアが裏目に!?冬に背中ニキビができる原因とは

背中にクリームを塗る女性引用:www.shutterstock.com

背中ニキビは汗ばむ夏に多いイメージですが、意外と冬にできやすいことはご存知でしょうか?
冬に背中ニキビができる原因としては、以下のことが考えられます。

  • 肌が乾燥することで角質バリアが落ちる
  • 冷えることで自律神経やホルモンバランスが乱れる
  • ニットや冬用インナーで汗が吸収されない
  • 油分の多いクリームを塗りすぎている
  • 暖房の効いた部屋にいすぎて蒸れてしまう

冬だからと「たっぷりクリーム塗らなきゃ」「しっかり防寒対策しなきゃ」と思う行為が実は裏目になって、背中ニキビの原因になってしまうことも。

背中ニキビのケアは、普段の生活習慣を少し見直すだけで簡単にできるのでチェックしてみましょう!

冬の背中ニキビのケア方法①インナーは通気性の良いものを選ぶ

キャミソールを着ている女性引用:www.shutterstock.com

背中ニキビができる原因を考えたケア方法としてまずあげられるのが、冬でも通気性の良いインナーを着ること。

寒いからとインナーまでモコモコの服を着がちですが、暖房がきいた部屋の中や電車の中は案外暑いので汗ばむことが多いですよね。

インナーは通気性の良いものを選び、温度調節はアウターで行うのがおすすめです。

冬の背中ニキビのケア方法②背中洗いはシャンプー後を習慣に

頭を洗う女性引用:www.shutterstock.com

冬の背中ニキビの原因とも言われている「マラセチア菌」は、実はカビの一種!なので、肌を清潔に保つことがとても大切です。

とはいえ、ボディタオルでゴシゴシと強くこするのはNG。コットンタオルなどで優しく洗いつつも、ピーリング効果のある石鹸で不要な角質をしっかり除去しましょう。

ロゼット洗顔パスタは、肌荒れやニキビを防ぐ薬用洗顔料ですが、背中ニキビなどのボディケアにもおすすめです。
背中ニキビ用の石鹸なども売られていますが、こうした洗顔クリームなら手軽に使えそうですね。

また、シャンプー中は背中に泡が落ちるので、そのまま泡を流すだけだと汚れが残ってしまいます。
なので、体を洗うのはシャンプーの後が◎

ロゼット洗顔パスタ 普通肌(90g)引用:item.rakuten.co.jp

ロゼット洗顔パスタ 普通肌(90g)

¥475

販売サイトをチェック

冬の背中ニキビのケア方法③乾燥対策&かゆいときは化粧水が◎

ユースキン ルドー 薬用アクネウォッシュ引用:item.rakuten.co.jp

背中ニキビなどのブツブツができるとかゆみが出ることもあります。
そうしたときにかゆみ止めを塗りがちですが、クリーム状の薬などは油分が多いので毛穴詰まりの原因になりがち。

そこでおすすめなのが、消炎効果が期待できる敏感肌用化粧水を使うことです。
大人ニキビ用の化粧水を背中に塗るのも◎

化粧水ならサラッとしていて毛穴詰まりしにくく冬の乾燥ケアをすることができますよ。

ユースキン ルドー 薬用アクネウォッシュ

¥792

販売サイトをチェック

冬には意外と背中ニキビの原因が潜んでいることが分かりましたね!
背中ニキビのケア方法は特別な薬を塗ったりパックをしたりする必要はなく、普段の習慣を少し工夫するだけ。
今日からできることなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。