牛乳パックで作る牛柄プリン

まるごとドドーン!牛乳パックと材料3つで作る簡単“牛柄”プリン

グルメ・レシピ

今話題沸騰中の「紙パックスイーツ」!
特別に型を用意する必要がないので、気軽に作れるスイーツとして人気を集めています♪
業務スーパーでも、紙パックスイーツとしてゼリーやチーズケーキなどの扱いがあり、おやつに今大人気ですよね!
そんな中、映えも狙えるのが牛乳とコーヒーを使って作る「牛柄プリン」♡
早速、作ってみた様子をご覧ください。

まずは材料をチェック!

牛柄プリン

用意する材料はこちら♪

【材料】

  • 牛乳 700ml
  • コーヒー 400ml(加糖・無糖はお好みで)
  • 砂糖 100g
  • ゼラチン 25g

パックまるごと「牛柄プリン」レシピ▶作り方

①ゼラチンをふやかす

ゼラチン

ゼラチン(25g)を水(125ml)でふやかしておきます。

②牛乳・コーヒーをそれぞれのフライパンに投入し、ゼラチンを溶かす

牛柄プリン

牛柄プリン

フライパンに牛乳(700ml)・砂糖(100g)・ふやかしたゼラチン(7/11の分量※おおよそでOK)を投入!
温めて、砂糖とゼラチンを溶かします。

牛柄プリン

コーヒーも牛乳同様同じ工程で、ふやかしておいたゼラチン(4/11の分量※おおよそでOK)を温めて溶かします。

③氷水で冷やす

牛柄プリン

牛柄プリン

氷水を張ったボウルを2つ用意し、牛乳・コーヒーそれぞれを固めます。
ある一定時間おいておくと、底の方から少しずつ固まってくるので、その都度かき混ぜてまんべんなく冷やすようにしてくださいね♪

牛柄プリン
上記のような、すこしゆるい状態でOK!
固まりすぎてしまうと、パックに入れた時にきれいな層になりにくいので、この写真を目安にしてください♡

④パックに投入

牛柄プリン

さぁ、ここからは仕上げです♪
スプーンを使って、牛乳とコーヒーを交互に入れていきましょう。

パックの底が深いので、入れる際パックにゼリーがついてしまうことがあります。
そのまま放置してしまうと、きれいな模様にならなくなってしまうので、少し面倒に感じてしまうかもしれませんが、キッチンペーパー等を使ってその都度拭いてくださいね。
このちょっとした手間が仕上がりを左右しますよ!

パックまるごと「牛柄プリン」レシピ▶完成

牛柄プリン

冷やし固めたら、“牛柄”が目を引くインパクト大の「パックまるごとプリン」が完成♪

数時間冷やし固めるだけでも大丈夫ですが、一晩寝かせるのがおすすめ!
中身の状態が分かりづらいので、上部が固まっていても中の部分が緩い場合も……。
失敗しないためにも気長に待ちましょう♡

牛柄プリン

断面はこんな感じ♪
もっちり&ぷるん感がたまりません♡

今回こちらでは、コーヒー無糖を使用。
牛乳プリンの部分が甘いので、コーヒーの苦味がいいコントラストになって両方の美味しさを引き出してくれます。

コーヒー以外にジュース等で代用するのもOK!
おうち時間を使って、ぜひお子さんと一緒に作ってみてはいかがでしょうか。