薬が飲めない妊娠&授乳中の便秘・腹痛…!今日からできる解消法は?

提供:太田胃散
妊娠中はお腹の調子が崩れやすい、という話よく聞きませんか?

便秘になったりゆるくなったり症状は人それぞれですが、つらいのは“気軽に薬が飲めない”ということ。ただでさえ、体の変化に戸惑う期間なので、できれば健やかに過ごしたいですよね。

今回は、妊娠中・授乳中でも安心してできる、お腹の調子を整える方法をご紹介します。

妊娠中・授乳中のお腹いた、どうしてますか?

妊娠中は、ホルモンバランスなどによって、お腹の調子が崩れやすくなる人が多いよう。
ただ、飲める薬は限られる時期なので、ついつい我慢してしまう人も多いのではないでしょうか?

また、出産後の授乳期間も同じこと。母乳をとおして赤ちゃんへの影響を考えてしまいますよね。

辛いのを我慢しないためにも、妊娠中・授乳中にお腹の調子を整える方法を知っておきましょう♪

お腹の調子を整える方法4つ

▶︎食物繊維・ミネラルを摂る
腸の働きを正常化してくれます。白米を玄米に変えてみる、根菜・豆類が入ったひじきの煮物なども◎です。

▶︎ホットティーを飲む
体を温めながら水分補給ができるホットティー。ノンカフェインを選べば、妊娠中も飲めますよ♪整腸作用があるローズヒップ・ハイビスカスがオススメです。

▶︎ストレッチ&お腹のマッサージ
腸を動かしてあげると、腸にはいい刺激になります。体をねじる・伸ばすストレッチなどに加え、マッサージクリームでくるくる時計回りにマッサージするのも良いですよ。

▶︎妊娠中でも飲める薬に頼る
薬の中には、妊娠中や授乳中でも飲める成分のものがあります。食事やストレッチなどでよくならない場合は、知っておくととても便利!いざという時に頼れるので、気持ちも安定しますよ♪

どんな薬だったら安心なの?

妊婦さんや授乳中ママでも飲めるのは、乳酸菌が主成分の整腸薬
腸内バランスを整えてくれる善玉菌の代表・乳酸菌の力を使うことで、より自然なかたちでお腹の調子を整えてくれるんです。

辛い時に飲むのはもちろん、兆候が見えた時の予防としても活用できますよ♪

中でもオススメは「太田胃散整腸薬」。乳酸菌に加え、整腸作用のある2種の生薬が配合されているんです。

気になる主成分はこちら。

<整腸生菌>
▶︎ビフィズス菌…大腸で働く乳酸菌で、腸内環境を改善する。
▶︎ラクトミン(ガッセリ菌)…小腸で働く乳酸菌で、悪玉菌の増殖を抑える。
▶︎酪酸菌…ビフィズス菌の増殖を助けてくれる善玉菌。

<整腸生薬>
▶︎ゲンノショウコ…乱れた腸の動きを調整する。
▶︎アカメガシワ…荒れた腸の粘膜を修復する。

便秘と軟便が交互にくるなど、お腹が不安定になってしまっているプレママでも、定期的に飲み続けることができるので安心ですよ♡

※服用する際には主治医の先生にも伝えておきましょう。

辛い時は我慢しないで!腸内環境を整えて、すっきり元気なマタニティタイムを過ごしましょう♪

太田胃散整腸薬

便秘 腹痛 妊婦 太田胃散 整腸薬 授乳中 乳酸菌 生薬

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

4yuuu!

4yuuu!公式アカウントです。

>もっとみる