人間関係の一番の悩みかも?"妬み"の感情との上手な付き合い方とは

人を妬んでしまったという経験は、誰にでもあるもの。

特に自分自身の人生がうまくいっていない時ほど、毎日楽しそうに過ごしている人を見ると羨ましくなり、胸がザワザワ……。

妬むのは良くないとわかっていてもどうにもできず、余計に罪悪感で辛くなってしまう、といった経験はありませんか?

人間関係での悩みでよく聞く"妬んでしまうという気持ち"は、どこからやってくるのでしょうか。

人間関係での悩みを解決▶︎人を"妬み"たくなる時って?

どのような時に、他人を妬んでしまうのでしょうか。

ほとんどの方は、自分自身の人生がうまくいっていない時や、思いどおりにならない時だと思います。

自分が持っていないものを手にしている人を見ると、「こんなに自分は頑張っているのに、どうしてあの人ばかり……」と羨ましい気持ちが湧いてきます。

すると、相手に対して妬みの感情が出てきてしまうのです。

人間関係での悩みを解決▶︎"妬み"のもととは?

妬みのもとは何からきているかというと、損か得か、上か下かというジャッジです。

生き残るための動物的な本能として、人間は自分が優れていると思うことで、自分自身を守ろうとします。

動物のように直接攻撃することは理性的に抑制されるため、心の中で相手に対して妬み、その念を相手にぶつけてしまうのです。

人を妬んでしまう気持ちが動物的本能なのだとわかると、少し心が軽くなりませんか?

妬むことは良くないとわかっていても、そのような感情が湧いてきてしまうのは、仕方のないことでもあるのです。

大事なのは、妬みの感情が湧いてきてしまった時に、どう対処するのかということ。

自分が心を乱している時に、妬みの対象となってしまっている相手が楽しそうに過ごしているのを見ると、ますます相手に対するネガティブな気持ちが大きくなってしまいます。

人間関係での悩みを解決▶︎人を"妬み"たくなった時の改善策は?

妬みの感情が湧いてきてしまった時に意識したいのは、「自分を大切に扱うこと」。

自分の両手を胸に当て、「大丈夫、私は必ず幸せになれます。」と言ってみてください。

妬みの感情は自分自身から生まれたものなので、自分自身を優しく包み込んであげることで落ち着いていきます。

そして、自分のことを否定したり、悪く思わず、自分自身を認めてあげましょう。
人間関係における「妬み」の悩みについて解説しました。

人を妬んでいる時というのは、視野がとても狭くなっています。

どの人にも波があり、良い時もあれば、悪い時もあります。

相手を妬むことに自分自身の大切な命の時間を使うよりも、自分が幸せになるために心穏やかな時間に使っていきましょう。

人間関係 妬み 悩み 人生

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

土方 良子/自分力アップコーチ

土方 良子(ひじかた よしこ)

【肩書き】
自分力アップコーチ

【…

>もっとみる