ママが気をつけたいヘアケア法♪毎日のポニーテールが危険!?

美容

子供を産んでからというもの、ヘアスタイルに頭を悩ませる方は多いもの。
どんなにオシャレやメイクをしても、髪が気になるといまいち自分に自信が持てなくなってしまいますよね。
産後の抜け毛や薄毛は、ホルモンバランスの影響もあるものの、実はママにありがちな生活スタイルが引き起こしているケースもあるのです。
出産や子育てのせいにして諦めていませんか?実は日々のライフスタイルの中で心がけるだけで、解消できるかも!?
今回は、ママの髪のお悩み解消のためのポイントをお伝えします♪

産後ママの薄毛・ヘアケアのポイント
①毎日のまとめヘア

ふんわりとしたハリコシのあるヘアスタイルを妨げてしまう原因として、ママにありがちなNGポイントがまとめヘア。

子供が産まれると、どうしても邪魔になって髪をいつも結んでいるというママも多いはず。

授乳中に邪魔なのはもちろん、子供が物をつかむようになると髪の毛を引っ張られることも多くなります。

そしてヘアセットをする時間はおろか、ゆっくり美容室に行く暇もなくなり、気付いたら2〜3年はいつもポニーテールでごまかす……そんなことも少なくありません。

しかし、これは"牽引性脱毛"を引き起こす大きな原因。髪が常に引っ張られている状態のため、頭皮が傷んで髪の毛が抜けやすくなってしまいます。

分け目をほんの1cmずらしたり、ぎゅっと縛らずシュシュなどで髪を優しくまとめてあげるように心掛けてみましょう。

産後ママの薄毛・ヘアケアのポイント
②シャンプーついでに頭皮ケアを

まだ小さな子どもと一緒にお風呂に入るとなれば、ママはゆっくり髪をケアする時間などありません。

手間や時間を置く必要のあるトリートメントはなかなかできなくても、いつものシャンプーをしながら同時にスカルプケアが可能なシャンプーなら時短で一石二鳥!

スカルプケアは、薄毛対策のみならず髪のツヤや白髪予防にも◎
ぜひ取り入れてみてください♪

産後ママの薄毛・ヘアケアのポイント
③ドライヤーは"下から"がマスト

髪を洗い終わってからも注意が必要です。

ドライヤーをかける際には、根元から立ち上がるように下からドライヤーの風を当てて、髪の毛を持ち上げながら行いましょう。

一般的には上から風を当てて使うイメージのドライヤーですが、そうするとトップがぺしゃんこになりがち。

手をざっくりと入れて髪の毛の根元をほぐしながら、根元からふんわりとしたヘアスタイルをドライヤーのタイミングで作ってしまいましょう。

毎日続けていれば、自然と生えグセもふんわりとしてきますよ♡

産後ママの薄毛・ヘアケアのポイント
④頭皮は毎日ほぐす習慣を!

慣れない育児に、終わりの見えない家事、思うようにならない毎日に苛立ちながら、睡眠不足の日々……ママには様々なストレスが多くのし掛かっているものです。

そんな時に意外にも影響を受けやすいのが、頭皮。

一般的には胃腸に影響が出やすいイメージのあるストレスですが、実は脳を覆う頭皮には莫大な影響があるもの。

ガチガチに硬くなった頭皮のままでは良い状態の髪が生えてきにくく、髪だけでなく、頭痛や肩こりなど多くの悪影響が出てしまうものです。

凝り固まった頭皮は、毎日少しずつほぐしてあげることが大切です。

子どものお昼寝中や寝かし付け後、テレビを見ている隙を狙って、ゆっくりと両手の指を使ってマッサージしてみましょう。

おでこや目の周りから、こめかみ、首の付け根までを満遍なく、自分が気持ちが良いと感じるように揉みほぐしてあげるだけでOKです。

産後の薄毛に対するヘアケアのポイント、いかがでしたか?
産後のホルモンのせいにしてたら大間違い!産後の薄毛は、産後ならではの生活スタイルも大きな原因となっています。
ヘアスタイルにボリュームが出て、ふんわりとしたハリ感のスタイルが決まれば、日々のコーディネートだってよりおしゃれに見えるもの。
ぜひ、髪の毛により良い生活習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか♪