2017年5月の運勢《おうし座・しし座・さそり座・みずがめ座》

子育て・ライフスタイル

過ごしやすい季節になりました。鮮やかな新緑を目にしながら、レジャーに旅行にと足を伸ばす人も多いかもしれません。

何かと停滞感が漂いがちだった4月を経て、5月は月初めにスッと物ごとの“通り”が良くなる人が多いでしょう。

とんとん拍子で物事が進んでいく人も多そうですから、しっかりと波に乗っていけるといいですね。

不動宮の人は、「自分はこう思う」としっかり主張していくことを心がけると、この時期がグッと楽しくなるはずですよ。

※不動宮とは……12星座を行動の性質から3つに分ける「三区分」のひとつでおうし座・しし座・さそり座・みずがめ座の人が該当します。ブレない発想と、物事を安定させる力を持っています。

おうし座(4/21〜5/21)

勢いのある時期です。4月はどこか「自分との戦い」的なムードもあり、進んでは下がり、前を向いては後ろを振り返り……といったことも多かったかもしれません。

しかし、今月からはスピード勝負。チャンスとあらば、どんどん動いていくような気持ちでいるとうまくいくでしょう。

もしもこの時期、自分の得意分野や経験、知識などを活かせる場があれば、自分から手を上げてチャンスを勝ち取ってみてください。きっと嬉しい展開が待っていますよ。

もうひとつ、この5月に特徴的なのが金運です。収入アップを目指しているなら、今がチャンス!

副業や就職、転職、今の仕事で成果を上げるなど、頑張れそうなことは何でも挑戦してみましょう。

ただし、衝動買いだけはご注意を。想像以上に大きな金額をノリで使ってしまいそうな暗示があります。

全体運 ★★★★
愛情運 ★★★★
金運  ★★★★★
健康運 ★★

しし座(7/23~8/22)

この新年度は、「3歩進んで2歩下がる」といった感覚が強かった人も多いかもしれませんが、5月からはぐっとスムーズになります。

取り組んでいることが楽しくなってきて、関係している人との意思疎通もスムーズに。

趣味や勉強にハマっている人なら、この時期は好奇心がぐっと深く、熱く刺激されるのを感じられることでしょう。

またこの時期は、「仲間」の力を感じることもあるかもしれません。仲の良い人があなたを奮い立たせてくれたり、力になってくれることもあるでしょう。

あなたの中にも熱意がこもるときですから、ぶつかることもあるかもしれません。

それでも、この時期は衝突を恐れないことが大切。はっきりと気持ちを伝え合うことが、未来を作っていきますよ。

全体運 ★★★
愛情運 ★★
金運  ★★★
健康運 ★★★

さそり座(10/24~11/21)

賑やかなコミュニケーションの季節です。対人関係において、この春はイレギュラーな動きも多かったことでしょう。

食い違いや行き違いに悩んだり、敢えて引いて眺めてみたりと、いってみれば“オトナ力”のようなものを試されていた人も多かったと思います。

その経験はきっとムダではありません。この5月、過去の努力が実るような形で、対人面の流れがぐんとスムーズになっていきます。

あなたが願っていた方向性に物ごとが進んでいきやすいときですから、まだまだ望みは捨てないで。

毎日の行い、例えば生活習慣や仕事などについて、明るい希望や気持ちの余裕が見えてくるときでもあります。

「毎日がこんなふうだったら楽しいな」と思うことがあったなら、ぜひ生活の中に取り入れてみて。

特に月の前半は、あたたかい言葉を使うように意識してみると、自分にも相手にも嬉しい展開があるかもしれません。

全体運 ★★★
愛情運 ★★★
金運  ★★★
健康運 ★★★★

みずがめ座(1/20~2/18)

興味や好奇心が刺激される、ワクワクするような発見のある季節です。

新しい趣味やテーマに夢中になる人もいるでしょうし、周囲から嬉しいニュースがもたらされる暗示もあります。

4月までの間、何かともどかしい思いをした人も多いでしょうが、もう気にしなくてOK。

ここから後はどんどんスムーズに、とんとん拍子に物ごとが進んでいきます。この先にはきっと良いことがあると信じて、前に進んでいけるといいですね。

愛情面や子どものこと、何かを「作り出す」ことについては、素晴らしい追い風が吹くときです。

自分から何かを仕掛けるような熱意あるアクションが、想像した以上のチャンスを呼び込むことにもつながるでしょう。

全体運 ★★★★
愛情運 ★★★★★
金運  ★★★
健康運 ★★★

ゴールデンウィークにはきっと、プライスレスな思い出をたくさん作ることができるはず。

ぜひ、ひとり時間も周りの人との時間も大切に、素敵な時間を過ごしてくださいね♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。