子供が習いごとを「やめたい」と言いだした……どのような対応が正解?

子供が習いごとを「やめたい」と言いだした……どのような対応が正解?

習いごとに通っている子供の親が、必ずと言っていいほどぶち当たる「やめたい」という壁。
今までせっかく通ってきたのに、がっくりとしてしまうママも多いことでしょう。
なぜそう思ってしまったのか、どうしたらいいのか、子どもと一緒に考えることが大切になってきます。
そこで今回は、「やめたい」と言い出した時の対応についてご紹介します。

目次

子供が習いごとを「やめたい」と言いだした時の対応①やめたい理由を聞いてみる

親子

子供が習いごとを「やめたい」と親に言うということは、それなりの思いがあってのことなので、何らかの理由があることが多いです。

例えば、「仲良しの友達がやめてしまった」「あまり結果が出せない」「飽きてしまった」などが上げられます。
これらはあくまで例なので、直接子供に聞いてあげましょう。
素直に打ち明けられないこともあるかもしれませんが、聞き出してあげることも大事なことです。

その理由が改善できることであれば、一緒に改善に向けて努力することができます。
残念ながら改善できないことであれば、この先のことを話し合うことができます。

まずは話しやすいタイミングを見計らって、優しくお子さんに問いかけてみてください。

子供が習いごとを「やめたい」と言いだした時の対応②お試しの期間を決めさせる

子供

習いごとをやめたい理由が改善できなかった場合、子供の「やめたい」の気持ちはなかなか変わりません。

しかし、今までせっかく頑張ってきた習いごと。
簡単に諦めてしまうのは、もったいないですよね。

そのことを子供自身に実感させるためにも、あとちょっと頑張ってみる期間を決めてもらい、習いごとに通う約束をしてみましょう。

「ここまで頑張ってみよう!それでもダメだったらやめよう。」

子供は自分で決めたことなら実行する努力をしてくれるはずです。
その約束をしっかり守った上で、子供の気持ちの再確認を一緒にしてみてくださいね。

子供が習いごとを「やめたい」と言いだした時の対応③自分でやめることを伝えさせる

習い事

残念ながら、習いごとをやめなければならなくなった場合、習いごとの先生には、その旨を子供自身に伝えさせましょう。

親が先生に話すことは簡単なことですが、お世話になった先生に、話しづらい内容でも自分の言葉で伝えることが大事です。

また、自分でけじめをつけられたことによって、次の一歩を踏み出しやすくなることと思います。

子供にとって、少し勇気のいることですが、自分で思いを伝える練習をさせましょう。

子供が習いごとを「やめたい」と言いだした時の対応④今後のことをゆっくり話す

親子

習いごとをやめたい理由が改善され、また通い始めることができた場合、大きな壁を越えた子供の努力を認め、褒めてあげましょう。

また、子供はやる気を出して頑張っているはずなので、大いにそれを応援してあげてください。

習いごとをやめる結果になってしまった場合は、今後どうしたいのかを聞きながら、いろいろな話をしてみてください。

もしかしたら新たに興味をもったことがあるかもしれないし、何か考えていることがあるかもしれません。

何より、やめてしまったことが無駄にならないようにサポートしてあげることが大切ですよ♪
子供にとって、習いごとに限らず「途中でやめる、諦める」ということをそう簡単にはして欲しくないですよね。
そのためにも、子供自身がじっくり考える時間を与え、サポートしてあげる必要があります。
親身になってよく話を聞くことで、子供が自分にとっていい決断を見つけられるはずですよ。

【関連記事】習い事よりも大切かも?幼少期から「非認知能力」を高める方法とは

子供の学力や才能を伸ばすために、今世界でも注目されているのが、「非認知能力」と呼ばれる...

子供 習いごと やめたい

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

古 真理子

保育士を経験し、いまは妊娠中のマタニティママです。
子どもが大好きで、子育てに関する情報収集…

>もっとみる