フードコーディネーターが教える♡離乳食作りがラクになる時短レシピ

子育て・ライフスタイル

赤ちゃんが生まれて、やっと生活リズムが整ってきたと思った頃に始まる離乳食!
離乳食作りに悩まされるママは多いですよね。
そんなママたちの悩みを解決できる、とっておきの時短仕込み&レシピをご紹介します♡

離乳食作りがラクになる時短レシピ①お野菜の仕込み

まず最初にご紹介するのは、離乳食の基本となるお野菜の仕込みです。こちらは、炊飯器を使います。

にんじん、じゃがいも、かぼちゃ、玉ねぎなどのお好みのお野菜を適当に切って(大きめに切った方が甘みが出ます)炊飯器へ入れたら、出汁用昆布5cm程度と、ひたひたより少し多めのお水を入れて、炊飯器のスイッチをON!
あとは、炊き上がるのを待つだけです。

ちょうどいい具合にお野菜が煮込まれるので、すり潰しも楽ですし、後期ならそのまま小さく切って使うことができます。炊き上がったら1~2時間置いておくと、お野菜も柔らかくなります。

美味しい野菜スープも同時にできるので、どちらも小分けで冷凍しておくと便利です。離乳食の全ての時期で使えるので、ぜひされてみてくださいね♡

離乳食作りがラクになる時短レシピ②お野菜の小分け冷凍をアレンジ

離乳食のレシピ、2つ目にご紹介するのは、①で作ったお野菜を使ったアレンジです。

①でお野菜の仕込みができたら、種類ごとに合った大きさに切って、小分け冷凍しておきます。あとは、使いたい時にそれぞれの食材をお皿に移してチンするだけ!

例えば、
【簡単グラタン】
①にんじんの角切り一回分+じゃがいもの角切り一回分を少量の水をかけて、レンジで解凍。
②①にチーズを乗せて、レンジで30秒。

など、ほぼ電子レンジの力だけでメニューが出来上がるので、時短になります♡

離乳食作りがラクになる時短レシピ③ホットケーキミックスで蒸しパン

3つ目にご紹介するのは、ホットケーキミックスを使った蒸しパンです♡

こちらは市販のホットケーキミックスを分量の水、または粉ミルクで溶いたら、紙コップやマフィンカップの半分くらいまで入れて、レンジで1分30秒ほど温めるだけ!
竹串を刺して生地がくっついてきたら生焼けなので、レンジでさらに加熱して下さい。

ホットケーキミックスを混ぜるだけで、ふわふわの蒸しパンができるなんてビックリですよね!
手づかみ食べもできるので、ぜひ作ってみてくださいね。

離乳食作りがラクになる時短レシピ④お魚、お肉の小分け冷凍をアレンジ

最後にご紹介するのは、お魚やお肉の小分け冷凍のアレンジです。

後期になってくると高タンパク、鉄分のお魚やお肉のメニューが欲しくなってきます。そんな時、それぞれ小分け冷凍しておくと、とっても楽なんですよ!

お魚なら骨などのないお刺身、お肉なら赤身の挽肉を買ってきます。茹でて火を通したら、包丁で刻んで小分け冷凍します。

あとは一回分を解凍して、お魚ならご飯に混ぜたり、お肉ならお豆腐と混ぜて肉豆腐のようにしたり、食べる前に解凍するだけでしっかりとメインメニューになります♡

いかがでしたか?炊飯器を使ったり、小分け冷凍でレンジで解凍するだけにしたりなど、時短できる離乳食のレシピをご紹介しました。
メニューを作ってから冷凍すると、毎日同じメニューになってしまいますが、食材ごとに仕込みが済んだものを小分け冷凍しておくと、毎日違うメニューで飽きることもなく、時短もできますよ♡