もう準備はOK?1月7日は《七草粥》を食べて体内クレンジング!

グルメ・レシピ

1月7日は「七草粥」の日ですね。無病息災を願って行われる日本の年中行事ですが、どんな由来があるか、またどんな効能があるかをご存知でしょうか?
改めて知ると七草粥を食べたくなること間違いなしですよ♪

《七草粥》を食べて体内クレンジング!①由来は?なぜ食べるの?

引用:www.misbit.com

1月7日の朝に食べる日本の伝統行事食。それが七草粥です。

年の始めに雪の間から芽を出した草を摘む「若菜摘み」の風習がその原点とされています。

七草粥は平安時代の中期に始まったと言われていて、早春の最初に芽吹く若菜を古来より食べてきました。

現在ではお正月で疲れた胃を休める意味合いが強いですが、本来は無病息災を願い邪気を払う目的があったとされています。

《七草粥》を食べて体内クレンジング!②使われる野菜は?

「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ」現在ではこれら7つを七草と呼びます。

古代においての七草の詳細は文献によって様々。粟や小豆を一緒に炊いた、と言うものもありますが、平安時代の中期より今の七草になったようです。

せりは競り勝つように、すずなは神様を呼ぶ鈴など、縁起の良い名前と関連したものが多く、これは日本ならではですね。

《七草粥》を食べて体内クレンジング!③どんな効能があるの?

■せり…デトックス作用・目の充血やめまいを予防
■なずな…整腸作用
■ごぎょう…咳止め
■はこべら…整腸作用
■ほとけのざ…デトックス作用
■すずな…整腸作用
■すずしろ…整腸作用

身体の内側に溜まっているものを身体の外側に排出する作用があるのが七草の特徴です。

お正月料理で重くなった身体を内側からキレイにクレンジングしてくれるので、ぜひ1月7日は七草粥を食べていただきたいです。

ビタミンB群、ビタミンC、鉄分などを含んでいるので、免疫力を高め風邪を予防してくれる働きもありますよ♪

《七草粥》を食べて体内クレンジング!④簡単な七草粥の作り方

「七草粥ってどうやって作れば良いの?」

実はこの時期、私の元にもっとも多く寄せられる質問です。

お母さんが作ってくれていたのに、いざ作ろうとすると「あれ?お粥ってどう作るの?」「七草投入のタイミングは?」と、疑問でいっぱい。初めて誰かのために作る新婚さんや新米ママからよく七草粥の作り方を尋ねられます。

この時期スーパーなどでは「七草粥セット」が売られています。購入したらまずは葉物とダイコンやカブなどの根菜に分けて、葉物はざく切りに、ダイコン・カブはお好みの大きさに切りましょう。

小さく切ると消化が良くなりますが、あまり小さく切り過ぎるとお粥に溶けて存在感がなくなるので注意が必要です。

お粥は米:水の割合を1:10にして、お鍋でコトコト30分~40分煮込めば完成ですが、柔らかいお粥が苦手な方は1:8くらいにしても良いでしょう。ポイントは、最初を強火にして沸騰したら、弱火に。その時、1〜2回おたまでかき回すとお鍋に米が焦げ付きませんよ♪

昆布やかつおのお出汁を水の代わりに入れてもOK!味付けは、疲れた胃を休める意味合いでもシンプルに塩のみがオススメです。もの足りない方は鶏がらスープの素や、お粥を煮込む時に鶏肉と一緒に煮込んでダシを染み込ませても美味しいですよ。

鶏肉は面倒でも一口大に切ったものを一度茹でこぼしてアクを取ってからお粥と一緒に煮込むと雑味がなく、美味しく仕上がります。

七草を入れるタイミングですが、ダイコン・カブは最初から入れても良いですし、最後に少し煮込むのでもOK!葉物はお粥を煮込んでいる間に軽く油で炒めても良いでしょう。

もちろん炒めなくても大丈夫ですがせりやダイコン、カブの葉に含まれるβーカロテンは油と一緒にと摂ることで体内への吸収率が上がります。七草の投入はお粥ができてから余熱で火を入れると色味を損なうことなく、目でも楽しむことができます。

最近は七草粥を食べるご家庭が減少している傾向にあります。整腸作用があり、デトックス力に長けた春の七草は女性にとってメリットがいっぱい!
お子さんをお持ちの方は子供の情操教育にもなりますので、ぜひみんなで七草粥を味わって頂ければと思います。