吉岡里帆さんに学ぶ!《ママ友受けVSパパ受け》コーデ参考例

ファッション

WEAR(ウェア)やInstagram(インスタグラム)などで、たびたびコーデを公開している、吉岡里帆(よしおかりほ)さん。

ママ友から見ても、パパから見ても受けのいい、おしゃれなコーデが満載です。

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

吉岡里帆さんに学ぶ《ママ友受けコーデ》
▶︎動きやすくキメすぎない

引用:wear.jp

ママ友で集まる時は、ばっちりとめかしこむより、「動きやすさ」を第一に考えましょう。

ヒールやジャケットなどでパリッとキメすぎると、「子どもの面倒を見る気がないのかな?」と思われてしまう可能性も……。

スニーカーやデニム、ゆったりしたワンピースなどでラフにまとめた方が、好感度大です。

引用:wear.jp

おでかけ先が、ママ友のおうちやカフェなど、まったりと落ち着ける場所であれば、ぺたんこのかっちり靴を取り入れるのもGOOD♪

ローファーやバレエシューズなど、足元をキレイめな印象に仕上げると、周りと差がつきますよ。

吉岡里帆さんに学ぶ《ママ友受けコーデ》
▶︎一点トレンドアイテムを入れる

トレンドアイテムを取り入れる時は、あれもこれも……と全身フル装備にせず、一点だけさりげなく、がおすすめです。

嫌味がなく、おしゃれなママとして、一目置かれる存在になれるはず♡

ボリューム袖のブラウスやニットは、パンツと合わせてリラックス感のあるコーデが作れるので、使いやすいアイテムNo.1ですよ。

また、サッシュベルトやベレー帽などの小物でトレンド感を取り入れるのも、おしゃれです♪

子どもとのリンクコーデをしておでかけする際にも、小物なら、"やりすぎ"と思われる心配がありません。

吉岡里帆さんに学ぶ《パパ受けコーデ》
▶︎ショートブーツを活用!

引用:wear.jp

パパ受けを狙うなら、いつものコーデに、ほんのり女っぽい要素をプラスしましょう。

簡単なのは、足元をショートブーツにすること!

いつものスニーカーより、ぐっと引き締まって見えて、大人女子の色っぽさがUPします♡

引用:wear.jp

パパと2人っきりのデートの時は、華奢なピンヒールにも、挑戦してみてください。

いつものカジュアルな"ママ"とは違う雰囲気に、きっとパパも、ドキッとしてしまうはず♡

吉岡里帆さんに学ぶ《パパ受けコーデ》
▶︎華やかなカラーを取り入れる

引用:wear.jp

コーデの中にひとつ派手色のアイテムがあると、それだけでパッと明るく、華やかな雰囲気になります。

特に、秋冬のコーデは暗い色でまとまりがちなので、一点取り入れてみてください。

深みのあるボルドーやグリーン、マスタードなどの色なら、大人女子でも挑戦しやすいですよ。

吉岡里帆さんに学ぶ《パパ受けコーデ》
▶︎アクセサリーまで手を抜かない

引用:wear.jp

子どもと一緒だと、アクセサリーはなかなか付けられませんが、パパとのデート時には、お気に入りのものを取り入れましょう♪

シンプルなコーデの時ほど、アクセサリーの存在が目立ちます。

今は大振りなデザインがトレンドなので、アップヘアにしてアピールするのも、可愛らしいですよ。

べっ甲やファーなど、季節感を盛り上げてくれるものもおすすめです。

ママ友とパパ、シチュエーションやTPOに合わせて、おしゃれを楽しんでくださいね♡