頭がいっぱい!グルグル思考の原因になる悩みや不安の解消法を紹介♪

子育て・ライフスタイル

あなたは同じ悩みについてグルグルと考え続けて、頭がいっぱいになることはありませんか?

悩みすぎて疲れ果てることがあるとしたら、悩み自体が問題ではなく、悩みにとらわれて"今"にエネルギーを注ぐことができないからかもしれません。"今"にエネルギーを注ぐとは、どういうことなのでしょうか。悩みごとや不安な気持ちを消すことができないとお悩みの方、一緒に対処法を考えてみませんか?

グルグル思考は悩みや不安を頭で"反芻"しているから

悩みやすい方の特徴は、頭の中で考えを"反芻(はんすう)"してしまうこと。

"反芻"とは、牛が何度も胃から草を戻して、かみ続けることをいいます。不安が長く続く方は、悩みをずっと反芻し続けていると考えられます。

「なぜあのとき、あんなことを言ってしまったのだろう」
「あのとき、こうすればよかった」
「もう!許せない!!」

など、悩みが心の中で消化されず、繰り返し同じ悩みについて考えて不安な気持ちになってしまうという悪循環が起こっています。

過去の悲しみと未来への不安で、いっぱいいっぱいの心

私たちは"今"ここにいます。"今"を生きています。しかし、ずっと悩みを考え続けている方の心は"今"にありません。

体は現在にあるのに、心は「過去の悲しみ」「未来への不安や妄想」にとらわれて、心ここにあらずの状態になってしまっているのです。

心のエネルギーが過去や未来へ漏電していて、とてももったいない状態です。そんな時は、意識して"今"を感じることが一番の特効薬になります。

五感を使って"今"を感じてみる

"今"を感じるためには、2つの方法があります。

まずは体へのアプローチです。もし、悩みが頭から離れない場合は、自然の中を歩いてみましょう。「90分ほどの散歩で、悩みを反芻する回数が減った」という研究報告もあります。(*1)

脳は悩みを反芻することでストレスや不安を感じ、前頭前野を活性化させます。自然を散策することは、その活性化を減少させる効果があります。悩みについて考える時間が短くなる、ということです。

そして、自然を散歩をする時には、なるべく"今"を味わうように意識すると効果的です。

空の色、木の葉・枝など、まわりの景色を楽しむ。鳥のさえずりや風の吹き抜ける音を聞く。足を踏みしめ、地球の引力を感じながら歩いてみる。携帯電話で美しいと感じたものを写真に収めてもいいですね。五感を使って自然の中を歩くと、目・耳・足・肌など体の感覚に意識が向きます。

脳は、一度に色々なことを考えられませんので、今感じていることに集中すると、グルグル思考のスパイラルから抜け出しやすくなるのです。

"今"を感じる習慣をつけていくと、少しずつ悩みから離れることができます。時間軸を"今"に戻すのです。

*1参考: http://www.pnas.org/content/112/28/8567.abstract

変えられないものを、変えようとしない

体の時間軸を”今”に戻したら、次にすることは脳へのアプローチです。思考も"今"にフォーカスしていきましょう。

脳は本来、ネガティブなことを考えやすいようにできているそうです。誰しも、不安があるとグルグルと考えを巡らせる傾向があります。

悩みから抜け出せなくなった時は、まず「考える続けることで改善できる出来事なのか」を考えてみましょう。「過去と、他人は変えられない」という言葉があります。過去の出来事や、他人の考えなどを変えようとするのは、難しいものです。

「あの時、あんなことをしなかったら…」と考えたところで、過去の事実は変えられません。「なぜあの人は、こうなんだろう!」と憤ったところで、他人の性格は変わりません。それらの悩みは、私たちがコントロールできる領域にはないのです。

考えても改善につながらない悩みは、変えようとしないことが大切です。その代わり、今湧き出てきた思いを流していきましょう。例えば「なんで、あんなことを言ってしまったんだろう…」と、いつものようにグルグルと考え出したら、一旦考えることを止めてみましょう。

そして、頭の中でイメージをしていきます。
「なんで、あんなことを言ってしまったんだろう…」という思いを葉っぱに乗せ、川に流す映像を思い浮かべるのです。グルグル思考が湧き出てくるたびに、心の川に流していきます。

たかがイメージと思うかもしれませんが、イメージの力は絶大です。考えてもらちが明かない悩みは、堂々巡りになってしまうので考えを深める必要はありません。

ただ「私は今、〇〇と思っているんだな」「私は今、すごく腹を立てているんだな」と自分の心のつぶやきを受け止め、流していきます。変えられないことを心の中で流していく習慣をつけるだけで、悩み癖はだいぶ軽くなっていくはずです。

心のエネルギーを"今"に向けていきましょう。

グルグル思考は、悩みや不安を反芻していることで起こります。心のエネルギーが、過去の不安や未来の妄想に浪費されている状態です。

自然の中を五感使って今を感じながら歩いたり、頭に浮かんで離れない思いを流していくことを習慣にすると、だんだんと悩み癖が軽くなっていくはずですよ。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。