「今年こそは痩せたい!」と口にする人の"痩せられない理由"とは?

美容

毎年「今年こそは痩せたい!」と目標を立てているのに、なかなか痩せられない…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方には、実は痩せられない理由があるのです!今回は、「今年こそは痩せたい!」と口にする方の"痩せられない理由"について、お伝えします。

「今年こそは痩せたい!」と口にする人の"痩せられない理由"①目標が高すぎる?

私のクライアント様の中には、ダイエットがテーマのコーチングを希望される方が多くいらっしゃいます。

最初に何キロ落としたいのか、どうなりたいのかなどの目標をお聞きします。すると、「3サイズ落としたい。」「マイナス10キロ落としたい。」と言われることがあります。しかも、短期間でです。

この高すぎる目標が、痩せられない理由のナンバー1だと私は思います。体重というものは、そう簡単には落ちません。今まで1度でもダイエットをされた方なら、お分かりいただけると思います。

ある程度順調に体重が落ちても、どこかで止まってしまいます。むしろ増えてくることもあります。目標が高すぎると、その現状に耐えられなくなり、「これだけ頑張っているのに」と、やけ食いしてしまう場合もあります。

目標が高すぎる方には、0か100かという考え方の特徴があり、上手くいかないと何もかも嫌になってしまい、全てをふりだしに戻してしまう傾向にあります。せっかく1〜2キロ減量したとしても、「もうやめたっ!」と0にしてしまうのです。

今年こそ痩せたいのであれば、2ヶ月か3ヶ月に1キロ減量するくらいの、ゆるい目標を立てるのがオススメです。

最初の1ヶ月で1キロ落としたら、それを2ヶ月間キープできるかどうかが重要です。実は減量よりも大変なのは、落とした体重をキープすること。

地道に続けなくてはいけないため、目標が高すぎると大変なのです。

「今年こそは痩せたい!」と口にする人の"痩せられない理由"②自分の体のことを理解していない?

1年を通して、あなたの体重が最も落ちやすいのは何月か、ご存知ですか?1ヶ月単位では?1日単位では?

減量したいのであれば、自分の体のことを知っておく必要があります。いつ体重が落ちやすいのか、いつ体重が増えやすいのかを考えてみましょう。朝と夜でも体重が違いますし、生理前と生理後では、体重が2キロくらい違うという方もいらっしゃいますよね。

女性の場合、体重は月経に影響されます。
一般的に、生理後から排卵までの約1週間がダイエットには最適、と言われています。

排卵後から高温期は、ため込み体質になるため、体重が1〜2キロ増えてもガッカリしたり、イライラしないでくださいね。この時期は食欲も出てきますので、食欲に任せて食べてしまうと、生理後に体重が戻らないということになりかねません。

生理後に体重が元に戻っているかどうかが、チェックポイントです!

「今年こそは痩せたい!」と口にする人の"痩せられない理由"③自分はそんなに食べていないと思い込んでいる?

私が行っている普段のコーチングでは、痩せたい方に「日頃どんな食事をしていますか?」とお聞きします。すると、「そんなに食べていません。」「お肉は嫌いなので、お肉類はほとんど食べていません。」と答える方が圧倒的に多いのです。

「では、昨日食べたもの、食べた時間、食べた量を教えてください。」と伺います。すると、「それ、食べ過ぎですから~!」と思わず言いそうになるくらい、食べていらっしゃるのです。

つまり、自分はそんなに食べていない、と思い込んでいらっしゃる方が多いのです。自分が1日どれだけ食べているのか、量をしっかりと確認することが必要です。

スナック菓子などは、袋のまま食べるのではなく、お皿に入れて食べましょう。また、おかずなども大皿に盛りつけるのではなく、自分の食べる量を小分けにして盛ると、自分の食べる量がわかりますよ。

私はバイキングやビュッフェに行ったら、自分が食べるもの全てを持ってテーブルに並べます。もちろんデザートもです。そうすると、自分の目でどれだけの量を食べるのかを確認できますよ。

「今年こそは痩せたい!」と口にする人の"痩せられない理由"④食べたことに罪悪感を持ってしまう?

甘いものの誘惑や食欲には、なかなか勝てないものですよね。ついつい食べてしまうこともあると思います。

食べた後で罪悪感を持つ方がいらっしゃいますが、これはやめましょう。罪悪感を持つと、ますます「食べたい!」という気持ちが出てくるのです。そして隠れて食べるようになったりすることもあります。

食べたい時は我慢せずに、美味しく食べましょう。そして「美味しい~!」と幸せを感じながら食べてください。

例えば、安いチョコレートをたくさん食べるよりも、高級なチョコレートを1粒、頑張っている自分へのご褒美として、じっくり味わうのが私のオススメの方法です。

どうしても甘いものを食べたい時は、午後2時〜3時のおやつの時間でしたら大丈夫と言われています。午後6時くらいまでなら、何とかセーフかもしれません。ただし、空腹時にいきなり甘いものを食べるのは、体にもよくありませんので、お水やお茶などを飲んでからにしましょう。

ついつい食べてしまった時や食べ過ぎてしまった時は、罪悪感を持たないことが大切ですよ。

「今年こそは痩せたい!」と口にする方の"痩せられない理由"をご紹介しました。

私たちの体はとても優秀で、短期間で体重を落としてしまうと、元に戻そうとする働きが起こるようになっているそうです。体が危機感を持つため、元に戻そうと、異常なほどの食欲が出てきます。その食欲は我慢できないほどで、食べ過ぎてリバウンドしてしまうことも多いのです。

優秀な体に気付かれないように減量することが重要です。「今年こそは痩せたい!」という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。