チアシードの〇〇倍?注目の次なるスーパーフード”バジルシード”♡

グルメ・レシピ

次なるダイエットフードとして話題のバジルシードをご存知ですか?
スーパーフードとして一躍人気になったチアシードに次いで、さらなる栄養価が期待できるバジルシードをご紹介します♡

チアシードの次は”バジルシード”!注目のスーパーフードとは①バジルシードって?

引用:otajo.jp

バジルシードとは、イタリアなどで用いられるハーブの一種であるバジルの種子のこと。日本では古く江戸時代から用いられており、目薬や咳止めの薬として重宝されていたんだそうです。

現在では、原産国であるタイで、ドリンクやアイスなどと一緒にデザートとして食べられるのがほとんどで、日本でもスーパーフードとして一躍話題になったチアシードと同じような使われ方をしています。

チアシードの次は”バジルシード”!注目のスーパーフードとは②チアシードとの違い

引用:www.lifehack.org

それでは、そんなバジルシードとチアシードを比較してみましょう。

チアシードが一躍スーパーフードとして人気になったのは、そのダイエット効果に理由があります。水を注ぐことで膨張するため、お腹の中で満腹感を得られて、食べ過ぎを防ぐことことができるからです。

チアシードは、水を注ぐと10分で約10倍に膨れ上がるのに対し、バジルシードはなんと、10分で約30倍になるとも言われています。さらに、カロリーも約5分の1と、とても低カロリーなんです。

バジルシードはチアシードに劣らず、優秀なダイエットフードだったんですね♡

チアシードの次は”バジルシード”!注目のスーパーフードとは③栄養価は?

引用:www.espoir.ac

バジルシードには食物繊維が豊富に含まれているので、腸内環境の改善にもオススメです。また、肌の乾燥を防いで潤いとハリのあるお肌へと導いてくれる効果も期待できます。

かつて生薬として利用されていたほど健康に良いバジルシードは、私たちの体に必要なオメガ3系の油分を含んでおり、血栓予防やコレステロール値の減少、認知症やうつ予防にも効果がある、と言われているんですよ♪

チアシードの次は”バジルシード”!注目のスーパーフードとは④おすすめの食べ方♡

引用:housefoods.jp

バジルシードは、どんな風に取り入れたら良いのでしょうか?

基本的にはチアシードと同じく、お水で膨らませて飲むのがオススメです。

500mlのミネラルウォーターに対し、約5g程度でOK。食前に飲むことで食べ過ぎを防いでくれます。また、ヨーグルトのトッピングとしてもオススメです。

チアシードが約40度以上の熱に弱いのに対し、バジルシードは加熱しても栄養価が変わらないと言われているので、炒め物に混ぜたり、クッキーに混ぜたりと、様々な方法でお使いいただけます♡

いかがでしたでしょうか?チアシードに負けずと栄養価の高い、注目のスーパーフード”バジルシード”をご紹介しました。
ダイエットフードとしてもヘルシーフードとしても魅力たっぷり!ぜひ日々の食卓に取り入れて、健康的な体を内側から手に入れてくださいね。