荒れた手では魅力も半減。家で簡単にできるハンドケア対策4選

美容

冬にかけて必然的に多くなっていく手荒れ、みなさんはどうしていますか?
どんなにばっちりメイクをしても、ガサガサの手では魅力も半減しちゃいますよね。
今回は、家で簡単にできて効果のあるハンドケア対策をご紹介します。

tomi
tomi
2021.05.17

冬の簡単ハンドケア対策①冬の手荒れどうしてる?

秋から冬にかけて多くなっていく手荒れ。
毎日料理や掃除で手を酷使する環境にある、ママの皆さまには避けては通れない問題ですよね。

どんなにばっちりメイクをしていても、手がガサガサでは魅力も半減。
人と話すときも手を隠してしまいたくなったりと、手荒れは負のスパイラルを生み出してしまいがちです。

そこで次項より、家で簡単にできるハンドケア対策をご紹介します。

冬の簡単ハンドケア対策②家中にハンドクリームを置く

手荒れの要因の1つには、皮膚の皮脂膜がはがれてしまいカサカサになってしまうことが挙げられます。

はがれた油分を補うためにハンドクリームを塗るのはもっとも簡単なケア方法ですので、家中にハンドクリームを置いておけば、気になったときにすぐに塗ることができて効率的です。

家中といっても、メインとなる場所は水回りである「キッチン・洗面台」と、寝室・リビングの4つでOK!お試しくださいね。

冬の簡単ハンドケア対策③高価なものを揃えるより、使いやすいものを

高価なものもあれば、100円程度で購入できてしまうものもあって、今や種類もたくさんあるハンドクリームですが、有名ブランドの高いハンドクリームだからといって、決して肌荒れに効くというわけでもありません。

ハンドクリームを購入するときは、メーカーが説明する効果効能やテクスチャーなどを総合的に判断しましょう。

よく販売されている尿素配合のハンドクリームは、敏感肌の方や子どもには不向きですが、保湿効果があり角質を除去するので、ガサガサな手を柔らかくしてくれますよ。参考にしてみてください。

冬の簡単ハンドケア対策④ひどい手荒れには、寝る前のハンドクリームとマッサージ

出典:www.handcare.co.jp

ひどい手荒れの場合は、指を1本1本引っ張るようにマッサージをしながらハンドクリームを塗ると、手の血流代謝がよくなり、ハンドクリームの成分が浸透しやすくなるようですよ。

1番効果があるといわれるハンドクリーム塗布のタイミングは就寝前。手のガサガサが気になるときは、必ず眠る前にハンドクリームを塗ってから休むようにするといいですね。

荒れた手に効果的な、家で簡単にできるハンドケア対策をご紹介しましたが、いかがでしたか?
冬の乾燥しがちな手に、ぜひお試しください。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。