すっかりママの顔♡最近の神田うのさんが愛に満ち溢れている♪

子育て・ライフスタイル

テレビに出るたびに、強めの発言が取り上げられる、神田(かんだ)うのさん。

でも実は、"たくさんの愛に溢れている!?"という私生活を送っているようです♡その様子を、ちょっぴり覗いてみませんか?

矢萩 可南
矢萩 可南
2016.05.26

19歳から芸能活動を始め、天真爛漫な発言で注目を集めるようになった、神田(かんだ)うのさん。

当時からバービー人形のようなスタイルの良さが武器で、“美脚の芸能人”として名前が挙がっていましたね。

2001年に自身のブランドを立ち上げ、ウェディング業界に参入。パリコレでも紹介され、デザイナーとしての地位を確立しました。

途中で「やめてやる」と何度も思うくらい、死に物狂いで働いたそう。その努力が実り、世の女性から圧倒的に支持されるブランドとなりました。

ご結婚翌年の2008年にジュエリーブランド、2012年にはキッズブランドを立ち上げ、産後も勢いを増すばかり。

デザイナー・実業家・タレントとして活躍し続けている神田うのさんの、知られざる魅力に迫ります♡

①お嬢さんと一緒に料理を楽しむ心の余裕♪

お嬢さんが4歳になり、一緒に料理をすることが増えたそう。

食パンにオリーブオイルを塗ったり、ツナマヨネーズをのせたりと、お手伝いをしている様子がブログに綴られています。

この日は、お嬢さんのリクエストのコロッケ作りの真っ最中。

「形が崩れないようにね〜」と言いながら、挽肉たっぷりのコロッケを作るお二人。

お弁当用に、しっかり冷凍。ラップで包むのも、お嬢さんがしてくれたそうです。

「正直、自分が作る方が早いのですが、お手伝いはなるべくしてもらうようにしている。お手伝いしたがる娘は本当に可愛いです。」と語る、神田うのさん。

気持ちに余裕がないと、子供に何かを手伝ってもらうというのは、なかなか難しいですよね。

忙しい合間を縫って、お嬢さんとの対話を大切にしていらっしゃる神田うのさんは、素敵だなと感じます。

②弟さんにいつも優しい包容力の広さ♡

お笑い芸人「ハマカーン」のツッコミ担当、神田伸一郎(かんだしんいちろう)さんは、神田うのさんの実の弟さん。

毎年、誕生会を合同で開催するくらいの仲良し兄弟です♪

お母さまが作ってくださった料理が美味しく、飲み過ぎてしまったそう!

美川憲一(みかわ けんいち)さんのクリスマスディナーショーにも、毎年、神田伸一郎さんを連れていく、弟さん想いの神田うのさん。

そんなお二人はとても良い関係にあり、トークショーの仕事を一緒にすることも!

お嬢さんと3人でショッピングやディナーにも出かける、という仲の良さ♪

異性の兄弟と出かける機会は大人になると減りがちなので、微笑ましいなと思いますし、神田うのさんのお嬢さんにとっても幸せなことなのではと感じます♡

③共演したモデルさんに愛情を注ぐ神田うのさん

日本最大級のファッション&音楽イベント、GirlsAward(ガールズアワード)のランウェイを一緒に歩いたモデルにも優しい言葉をかける、神田うのさん。

ブログでは、「こんなに可愛らしい子達と歩くことができて、すごく嬉しい♡」とコメントしています。

また「のりたまを絡めるだけで、パスタを食べる」と発言したモデルに対して、「へえー、今度やってみるね♪」と茶目っ気たっぷりに会話する様子も。

髪飾りに"ひよこ"をつけたのは、うのさんの提案だったそう。

「のりたまふりかけ」の丸美屋さんがスポンサーだったので、"ひよこ"!

遊び心があって、素敵ですよね♪

④募金活動にも力を入れている神田うのさん

お金持ちで高飛車なのでは?と思われがちな神田うのさんですが、募金もしています。

2011年に東日本大地震が起きた際は海外に滞在していた、神田うのさん。

未曾有の震災にあってもお互いを思いやって行動している被災者の姿に敬服し、「日本人である事を誇りに思います。」とコメント。

「義援金の寄付が今の私に出来るUNOから被災者の皆様への気持ちです。」と日本赤十字社に義援金1,000万円を寄付したことをブログで明かしていましたね。

震災の6日後に1000万円を寄付したという行動力には、目を見張るものがあります。

さすが、ご自身のブランドや事業を長年に渡って繁栄させている実業家だなと感じます。

実業家として活躍しながら、育児や家事に向き合っている神田うのさんの姿勢、周囲の方に対する愛情深さに心を打たれます。

神田うのさんの日常からは、"成功し続けるためのヒント"が垣間見られるのではないでしょうか。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。