ラテアートの次はコレ!朝食が楽しくなる《ヨーグルトアート》7選

グルメ・レシピ

朝食に、フルーツやグラノーラと一緒に、ヨーグルトも欠かさず食べている方も多いのではないでしょうか?

腸内環境を整えるだけではなく、今や花粉症に効果があるなどの健康効果の面からも人気です。

そんなヨーグルトをおしゃれに食べられる《ヨーグルトアート》が、いま注目を集めているんです♡

今回は、楽しくて可愛いヨーグルトアートのアイデアをご紹介します。

朝食が楽しくなる♡「ヨーグルトアート」のアイデア7選

そもそも「ヨーグルトアートって?」いう方のために、まずはこちら。「kuuko.3」さんが作られているヨーグルトアートをご紹介します♡

ヨーグルトをメインに、フルーツやグラノーラをトッピングしながら、チョコペンなどで使ってアートするのが、ヨーグルトアートです。

何気ないヨーグルトが、楽しくて可愛い主役級の1皿に大変身していますね♪

「ryotoyu」さんは、ココアパウダーを使ってエッフェル塔をデザインされています。

とてもヨーグルトにデザインしたとは思えないクオリティー!

絵心のある方にチャレンジいただきたい、シンプルながらも見入ってしまうヨーグルトアート。オーガニックカフェなどで出てきそうな1皿ですね。

今の時期にぴったりなのが、「snow_bell95」さんのアイデア。ブルーベリージャムでハロウィン仕様の「クモの巣」をデザインされています。

ヨーグルトの中央にブルーベリージャムで点を描き、その周りに2つの円を描きます。

爪楊枝で中央から外側に向かって線を引いていくと、あっという間に完成!

初心者さんもチャレンジできそうなアートですね。

初心者さんにもおすすめで、時間のない朝でもパッと描けて楽しめるデザインが、「minakacha_n」さんが描いたスヌーピーです♡

しまむらとのコラボ商品や雑貨など、大人の女性にも大人気のキャラクターです。

たったこれだけでも十分にスヌーピーだとわかる、簡単でcuteな1皿ですね。

「hiroe.rami」さんは、チョコレートのデザインにフルーツをトッピングして、素敵なドレスに見立てたヨーグルトアートを紹介されています。

可愛らしい表情とおしゃれなデザインで、いろいろなコーディネートが見たくなる1皿ですね。

「mary_mi_postre」さんは、ヨーグルトのみでの可愛らしいヨーグルトアートを作られています。

食紅などで着色をしなくても、イチゴやブルーベリーなど、あらかじめ色のついたヨーグルトを使うと、簡単にカラフルなアートが楽しめます。

楽しく1日をスタートできると注目の《ヨーグルトアート》をご紹介しましたが、いかがでしたか?

ヨーグルトを良く食べるという方は、普段と違ったテーブルを楽しめるので、参考にしてみてくださいね。