貯金はどれくらいあれば安心?【出産にかかる費用】をチェック!

貯金はどれくらいあれば安心?【出産にかかる費用】をチェック!

「大切な人との間にできた念願のベビー。でも、出産費用を考えたら、なんだか不安になってきた。」そんなママに知っておいてもらいたいのが、補助金制度もあるということ!

地域によって支援策は少しずつ違いますが、出産費用がいくらかかるかを計算して、貯金をしておけば、突然の授かりにも慌てる心配がありません♡

どれくらい貯金があれば、出産時に安心なのか、チェックしておきましょう!

出産費用、どのくらいかかるか知っていますか?

出産費用としては、ざっくり次のようなお金がかかります。

・妊婦健診費:1回3千円〜6千円くらい
・分娩入院費:70万円くらい
・里帰り出産費:交通費など
・内祝い
・ベビー用品購入費
・通院時の交通費

医療費としては、健診や分娩・入院に伴う費用がかかりますが、水中出産希望の方や設備の良い病院の場合には、平均よりもお金がかかります。

また、任意の検診を受けたい場合や双胎の場合もプラス料金になるので、チェックしておきましょう。

日本赤十字社医療センター・出産費用について

貯金がなくても落ち着いて!出産でもらえる補助金もあるんです♪

とはいえ、妊婦健診費や分娩入院費は、国や自治体からの補助金制度も用意されています。

例えば、妊娠健診にかかる費用は、自治体から「婦健診補助券」というものが、母子手帳と一緒に交付されます。これを活用すれば、検診費用が半分以下に抑えられることも。

また、健康保険に加入していれば、出産育児一時金として42万円が給付されます。

全国健康保険協会に申請をしておけば、退院の際に超過分だけを支払えば良いので、負担がだいぶ減りますよ。

また、医療費控除の対象にもなっているため、健診費用や病院に行く際の交通費などの領収書は、大切に保管しておきましょう!

全国健康保険協会・出産育児一時金の支給について

「出産にかかる費用」ー「補助金」=「必要な貯金額」

出産費用は、必要な費用から行政の用意している補助金や助成金を差し引いたものが、実際にかかるお金と言えるでしょう。

「出産にかかる費用」ー「補助金」=「必要な貯金額」

上記の計算式を頭に入れて、貯金額を把握しましょう。

出産のタイミングで退職する?将来のことは妊娠中から話し合っておきましょう!

出産費用はもちろんですが、出産後は、今まで働いていたママが働けなくなり、世帯収入が減ることも考えられます。

出産後の生活を維持するための貯金も、備えておきたいところですよね。

ママも働くのか、専業主婦の道をとるのか……。妊娠中から、パパとじっくり話をしておきましょう。
補助金や助成金があるとはいえ、ベビーの誕生にも、結構お金がかかるもの。

だからこそ、出産費用やそのあとの生活をしっかり考えて、貯金計画を立てておきましょう♡

出産 費用 貯金

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

小内はじめ

おしゃれなもの、DIY、ふらふら一人旅が大好きなフリーライター。
手を動かすことが大好きで、可愛…

>もっとみる