こんなにオシャレ!ヘアメイクさんに学ぶポニーテール☆

ファッション

この春よく雑誌で見かけるのが、後ろで一つに束ねたヘアスタイル!ポニーテールだったり、もう少し下の位置で結んだり。
ヘアメイクさんにして頂いたヘアスタイルを分析してみました!

ヘアメイクさんに学ぶポニーテール☆

最近雑誌でもよく見かける後ろで一つに束ねたアップスタイル。
こちらは先日、撮影でヘアメイクさんにして頂いたアップスタイルです!

高めの位置でポニーテールをして、事前にゴムで結ぶ前に、少し毛束を取り、ゴムを隠す様に巻きつけたポニーテール。

トップはゴムから毛束を少し引き出して高めに。
その際、トップの髪は事前にホットカーラーで巻いておくと、より綺麗に仕上がります!

ヘアメイクさんもポニテ☆

そしてこの日は、雑誌のタイアップ撮影でした。
ヘアメイクさんに髪型をお任せでセットしていただいたら、この日もポニーテールに!

やはり毛束をゴムを隠すように巻きつけたスタイル。
顔周りに後れ毛を多めに取り、32ミリのヘアアイロンで巻いてくださいました☆

このヘアスタイルは、カジュアルにも、ワンピースにも合う万能スタイルのようです。

ポニーテル前にも髪の下準備は必須です☆

ポニーテールにしてしまうからといって、いい加減に巻いてしまうと、カールが取れて髪が長ければ長いほど武士みたいになってしまいますから要注意 笑。

事前にカールローションを髪全体に付けて、32ミリのヘアアイロンで丁寧に巻いていきます。
何事も「丁寧にする」というのが、髪のモチをよくする秘訣だと思います。

「綺麗に巻くぞ!」という丁寧な気持ちがとっても大事。

ヘアメイクさん愛用のヘアスプレー☆

ポニーテールにスプレーは必須。
私がプロデュースしているプロジェクト撮影の際に、ヘアをお願いしているヘアメイクさんが愛用していらっしゃるヘアスプレーをご紹介します。

右はご存知の方も多い「エルネットサテン」。少し昭和のヘアスプレーな香りがするのが特徴ですね 笑。

私も愛用していた時期がありましたが、少し香りで断念してしまいました。
でもヘアメイクさん曰く、「髪が固まらないのにふんわりキープしてくれる」そうです。やはりまたトライしたい!

そして左のスプレーも業務用の用ですが、今は楽天でも買えます。
こちらはハードなキープ力が抜群だそう!試してみる価値大有りです!

たかが一つ結び、されど一つ結び。髪を事前に丁寧に綺麗に巻いておくのが前提でアップスタイルを作るのが、コツだと思います。
私も心を丁寧に保ちながら、心をこめて自分のヘアスタイルを作ってみたいと思います!何事も気持が大事ですね!