「幸せな結婚生活を手に入れたい」条件より大切な◯◯とは?

記事をご覧になっている方は、既婚者やシングルマザーの方が多いかと思われます。

恋愛や結婚が自由な時代であっても、理想の男性と巡り合うことは簡単なようで難しいもの。そして結婚したとしても、すれ違いや価値観の違いによって離婚率は高まっています。

どうしたら幸せな結婚生活、良好な関係を手に入れることができるのでしょうか?

〈理想の条件〉をつけず選択肢を広げる

今回は、主にシングルマザーの方へ向けての「幸せな結婚生活」に近づくために大切なことをお届けしたいと思います。

いつからか、30代の独身女性を中心に「婚活ブーム」がやってきて、その市場は瞬く間に盛り上がりを見せました。

しかし何年かすると、「婚活疲れ」という言葉が出始め、市場に踊らされるまま頑張ってもなかなか理想の男性と巡り合えないことへの苛立ちを覚えるようになります。

自分を否定されたり、自分には価値がないと思ってしまい、精神的な疲れを感じる方も少なくないようです。

「自分のタイプを明確にしてアンテナを立てることで、理想の人をキャッチできる」

以前は、私自身もそういうものだと思っていたので、クライアントさんとのセッションでも理想のタイプをお聴きしていました。

しかし、明確に答えることはなかなかできない方がほとんどです。

なぜならある程度の年齢になると、条件というよりも経験から培ってきた嗅覚みたいなものが働きます。理想のタイプは明確に言えなくても「これだけは、どうしても嫌~!」という人なら言えると思うのです。

つまり、「どうしても嫌!」というポイントだけだけ知っていればいいのではないでしょうか?

そうすると「自分の理想の条件の人だけしか目に入らない」という状態がなくなります。選択肢や間口が広がることに繋がるのです。

「相手がどういう人か?」に意識が集中しやすい

一般的にはまだまだ「理想の条件の人と結婚すればうまくいく」という幻想が手放せないのが実状です。

「結婚なんて相手次第よ」ということは、相手が自分の幸せの鍵を握っているということです。

そうすると、自分を磨くという努力をせずに「相手がどんな人か?」ということばかりへ意識がいってしまうのです。

これは恋愛に限ったことではなく、すでに結婚している主婦のみなさんやママさんたちもそうです。

人間関係において、私たちの意識はついつい「相手がどういう人か」ということに意識が集中してしまいます。

相手が自分の望むような言動をしてくれたら、夫でも上司でも、子供でも楽ちんですよね。そういう人を好きなるのも、簡単なはずです。

自分が完璧でないように相手も完璧ではない

理想は、自分と同じような価値観を持っていて、何も言わなくても思い通りにしてくれる人……しかし、そんな人はなかなかいません。(笑)

「なんでこんなこともできないの~?」
「私だったら、こうするけどな~。」
「男性なのに、グチグチと細かいんだから!」

自分と比べたり、男はこうあるべき、結婚したらこうあるべき、という考えに縛られてしまいがちです。

しかし、本当に良好な人間関係を築くためには、価値観や考え方やなどの違いをどこまで理解できて、どこまで受け入れられるか?その違いを尊重できるか?ここが〈大きな鍵〉となるのです。

違う家庭環境で育ち、違う学校に行き、違うものを見て感じて、違う人生を歩んできた者同士が、何かのご縁ですごい確率で出会います。

自分が完璧でないように、相手も完璧な人ではないはず。ただ「自分にとって都合がいいか悪いか」だけで、相性を見ているのです。

【お互いの足りないところを補い合える関係】は長続きしない

「お互いの足りないところを補い合える人がいい!」という方もいますよね。

そう言うと聞こえはいいですが、言い換えると「自分の心の飢えを満たしてくれる」「自分のニーズを満たしてくれる」人がいいということ。

お互いが〈心の飢えやニーズ〉をずっと補い続ける関係は、大変な負担になっていきます。何年かすると、いつの間にかしんどくなって、補い合うことをしなくなってしまうのです。

例えば、こんな経験はありませんか?

妻「前はあんなに話を聞いてくれて、いつも助けてくれたのに~!」

夫は、以前は親身になって話を聞いて相談に乗ってくれていたのでしょう。一方で夫はこう思います。

夫「それぐらい自分でなんとかしろよ~。前は、帰ってきたら必ずお疲れ様って言ってくれたよな。」

ニーズを満たし合うことに疲れてしまうと、心がどんどんすれ違っていくのです。

また夫にお金がない場合、それを離婚の理由にして「お金持ちと結婚したい!」と思う方も多いでしょう。

しかし本当に〈お金のある・なし〉なのでしょうか?お金があっても、冷え切っている夫婦や離婚する夫婦はたくさんいらっしゃいます。

「お金がない」ことが原因なのではなく、例えば夫がリストラにあったとして、そこでお互いがどう対処したかが大切なのです。

「あなたがちゃんと仕事していないからでしょ!」
「君がパートで貯金でもしていれば……!」

とお互い責め合ったのか、

「あなたがリストラにあったって、私が養ってあげるわ。しばらくゆっくりしていればいいじゃない。大丈夫よ、お疲れ様。」

と言えるかどうか。この違いではないでしょうか。

自分の理想と違うことに遭遇した時に、「私はどう考え、対処するだろう?」「私はどう受け入れるだろう?」「どう感じるだろう?」と自分に問いかけてみてください。

そうすると、あなたの中で本当の【結婚の意味】が見えてきます。相手に集中することだけでなく、自分の問題であることに気づくはずですよ。
結婚は、ご縁でもありますよね。しかし、ご縁はお互いが努力して繋いでいかないと、ある日プツリと切れるものでもあります。

最終的には、「思いやりを持てるかどうか」が重要です。幸せな結婚生活を続けるには、相手の問題でなく、自分の心がけ次第なのではないでしょうか。

結婚生活 幸せ 人間関係 シングルマザー 独身 ママ 理想の相手 理想の結婚生活 ニーズ 人間関係 価値観 尊重する 離婚 ソウルメイト 30代 40代 コーチング

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

坂本 ともこ/40代のプライベートコーチ

坂本 ともこ(さかもと ともこ)

【肩書き】
40代女性のプライベートコーチ

>もっとみる