専業主婦でもできる早めの"老後資金"準備!「iDeCo」って?

子育て・ライフスタイル

「老後はまだまだ先!」と思っていませんか?実は、老後の準備はもう始まっています。

20歳になったら国民年金に加入しますし、働いている方は、勤務先で厚生年金に加入することが多いですよね。

「会社を辞めたらどうなるの?」
「専業主婦だとどうなるの?」
「公的年金だけで大丈夫?」

そんなお金の不安を解消するためには、やはり自分自身でもしっかり準備することが大切です。

早い時期から老後資金の準備を始めることで、とてもお得になります。注目のiDeCo(イデコ)について、解説します。

【老後資金】オススメの方法とは?

老後資金準備の方法として、今、最も注目されているのが「個人型確定拠出年金」です。

今までは利用できる人が限られていましたが、2017年1月から、ほとんどの働く女性と専業主婦も利用できるようになり、皆さんにとってグーンと身近なものになります。

愛称が「iDeCo」に決まり、親しみやすくなりました。

「個人型確定拠出年金」は、自分で毎月掛金を積み立てて、投資信託や保険、預金の中から好きな商品を選んで運用し、60歳以降に一時金、または年金として受け取る仕組みです。

老後の夢を叶えるために、毎月自分でお金を老後資金を育てていくのは楽しいですね。

老後資金の準備に「iDeCo」がオススメな理由

老後のお金の準備として有効な「個人型確定拠出年金」には、税制上、魅力的な3つのメリットがあります。

① 掛金が全額所得控除の対象となり、所得税と住民税が節税できる

冒頭で、早く始めるほどお得だとお話しました。つまり、10年より20年、20年より30年と、積立期間が長いほど節税できる金額も大きくなるのです。

②運用益が非課税

銀行で積立預金をすると必ず税金が引かれますが、個人型確定拠出年金は、どれだけ運用益が出ても税金が引かれず、お得です。

③受け取るときも税制面で優遇してもらえる

老後資金の準備にオススメの「iDeCo」気をつけることは?

「個人型確定拠出年金」のデメリットについても、知っておきましょう。

① 60歳まで解約できない

確実に老後資金を準備するということでは、逆にメリットと捉えることもできます。

② 1つの金融機関でしか取引できない

金融機関により、扱っている商品の種類や手数料は違いますし、途中で変更するのは大変です。自分のプランに合う金融機関や商品をじっくり選びましょう。

③ 専業主婦の方は所得控除のメリットがない

長く運用することで、運用益が非課税となるメリットを活かしましょう。

「iDeCo」=「個人型確定拠出年金」だけで安心の老後が手に入るといっても、大袈裟ではありません。

ぜひ今からお金の意識を高めて、幸せな未来に向かってお得に準備を始めましょう!