良いことばかり!元保育士が伝えたい絵本の読み聞かせのメリット4つ

子育て・ライフスタイル

絵本の読み聞かせが子供にとって良いとはよく聞きますが、そのはっきりとした理由を考えたことはありますか?

保育の仕事と我が子の育児の経験上、読み聞かせをしていて損だと感じたことはひとつもありません!「読み聞かせほど簡単で良いこと尽くしなことは、他にはないかも?」というくらい、私は世の中のママさんに読み聞かせを強くオススメします。

今回は絵本の読み聞かせのメリットについて、お伝えしたいと思います。

絵本の読み聞かせのメリット①本に興味をもつ

絵本を子供に渡しても、最初から字を読み始めるわけではもちろんありません。

まずは本の中の絵を追っていきます。「これは何の絵だろう?」と、絵本を読んでもらいながら目に飛び込んでくる絵を楽しみます。

そして、読んでもらうことによって言葉(音)を楽しみます。犬、車などの単語だけでなく、ワンワン、ブーブーなどの音を楽しむのです。それと同時に、絵と言葉を結びつけます。

「何度も何度も同じ本を読んでもらって何が楽しいのだろう?」と思われる親御さんもたくさんいらっしゃると思いますが、繰り返し読むことはとても大切です。絵を見ただけでどのページのセリフか暗記してしまう子もいるほど。

子供には暗記しようというつもりはないかもしれませんが、親としては思わず「うちの子、天才かも!?」と思ってしまうひと時ですよね。可能な限り、繰り返し読んであげましょう!

絵本の読み聞かせのメリット②文字に興味をもつ

繰り返し絵本を読み聞かせてしばらくすると、子供は聞こえてくる音と本の中にある文字が一致していることを理解するようになります。

「また同じ本を読むの?」と思われるのであれば、読み方を変えてみましょう。読みながら、文字を指でなぞってみてください。一文字づつでなくても、流れるようになぞっていけば大丈夫です。

"あるひ"と言いながら指でなぞれば、「この"あ"と言う字はこの音と重なっているんだ!」と、子供も分かってきます。この"あ"に慣れてくると、今度は形として覚え、別のページや本で見る「あ」と一致させられるようになります。

もちろん、一度で理解出来るようになるわけではありません。繰り返し繰り返し行うことが大切です。暗記するほど読み込んでいる本でも、文字を追う過程は大切です。

絵本の読み聞かせのメリット③集中力と想像力がつく

絵本の絵に興味がある、字が読めるようになる…それだけで絵本を開いている時の集中力がずいぶんついてくるでしょう。

「この森のページにはどんな虫の絵が隠されているんだろう?」「"あるひ"の次の文字はなんだっけ?」などと、子供の小さな頭の中では色々な「?」が繰り広げられ、答えを自分なりに探そうとしています。

ある程度の内容が理解出来るようになると、絵本の中だけでなく、自分の頭の中で世界が広がっていき想像力も働くようになります。

「このページはもう少し行くと、踏切があるんだよね。」「どんな電車が来るかな?」「この動物たちは遠足に行くけど、私だったらどこに行きたいかな。」など、色々なことを想像する楽しさを味わえるようになるのです。

お子さんが絵本に見入っているときは、出来るだけそっと見守ってあげてみてくださいね。

絵本の読み聞かせのメリット④我が子との貴重な時間や話題を共有出来る

読み聞かせで何よりも大切なことは、親子で一緒に出来るということ。

育児、家事、仕事など色々すべきことがあると、気ばかりが焦ってしまうことも多いですよね。「一緒に遊ぼう!」「これを見て!」と言われても、いつも寄り添ってあげることは出来ない場合も多いと思います。

絵本の読み聞かせの一番のメリットは、お子さんと時間を共有できることだと思います。「この絵本は面白かったね」「こんな絵を見つけたよ」などと話題も共有できる大切な体験となること間違いなしです。

あなた自身が現在感じている「小さい時にこんな本を読んでもらったな」という思いを、お子さんにも体験させてあげてくださいね。

子供に絵本の読み聞かせをすることのメリットについてご紹介しました。

百聞は一見に如かず。とにかくやってみてください!
小さい頃はお気に入りの本を何度も読んでとせがまれたり、一度に何冊も読んで欲しいと言われたりするかもしれません。無理する必要はありませんが、余裕がある時はいくらでも対応してあげることをオススメします。

一日一冊で構いませんので、是非、毎日の習慣に組み込んでみてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。