歯医者さんが教える!嫌がる子も歯磨きが好きになる方法

子育て・ライフスタイル

「子供が歯磨きを嫌がる』『激しく抵抗して磨かせてくれない」「仕方ないから、押さえつけてムリヤリ磨いている」というお話をよく聞きます。健康な歯のためには、嫌がるお子さんにも歯磨きを好きになってもらいたいですよね。

今回は、まだ自分では磨けなかったり、言葉では説得できない小さなお子さんが歯磨きを嫌がる時の対策を、歯科医の立場からお伝えします。

子供が歯磨きを嫌がる時、どうする?①嫌がるのには理由があります!

「虫歯になったら、この子がかわいそう。なんとしても磨かなくては!」 と、ママが一生懸命になりすぎていませんか?

必死になるあまり、ついつい磨く手に力が入ってないか、力の加減を確認してみましょう。キッチンスケールに歯ブラシを当ててみてください。歯磨きは100g程度の力で十分なんですよ。

子供が歯磨きを嫌がるのには、理由があります。
歯ブラシが当たって痛かった、ちょうど眠かった、ママの顔が怖かった、歯磨き粉の味が嫌いなど、まだお話ができないお子さんの嫌がる理由を、考えてみてあげてください。

そして優しく磨く、タイミングに注意する、笑顔でする、歯磨き粉をやめるなど、きちんと理由と向き合って対応してあげましょう。

「歯磨きがキライ」の一言で片付けないで、立ち止まって考えて色々と試してみることが大切です。

子供が歯磨きを嫌がる時、どうする?②触られることに慣れてもらう、歯を磨き合う

敏感なお口まわりを触られるのは、とても不安で不快なことです 。

「あわわわーあわわわー」と声を出して口に手を当てたり、両手で頬を押さえてパッと離したり、くるくる円を描くように頬を触ったり、普段のママとの遊びに口や頬を触る動作を取り入れると良いですね。

「あー」とママが大きな口を開けて見せて、ママの歯を触らせて、子供にも「あー」と真似してもらうのも効果的です。歯ブラシを持たせてママのお口の中を磨いてもらい、お互いに磨き合うのもいいかもしれません。

前置きがなく、突然お口の中をゴシゴシされてしまうと、お子さんもなかなか受け入れにくいはずです。

子供が歯磨きを嫌がる時、どうする?③姿勢はこだわらないけれど、固定をしっかり!

歯磨きの時は、ママの脚の上にゴロンの姿勢が一般的ですよね。活発に動き出す頃のお子さんなら、このゴロンの姿勢が嫌なのかもしれません。

口の中が見やすくて安全なら、どんな姿勢でも構いません。

立っちができるお子さんなら、ママが椅子に座って、脚の間に子供を立たせて上を向かせる姿勢にしたり。お座りができるなら、お食事用の椅子など安定している椅子に座らせて、ママは後ろに立って上を向かせたり、前を向かせてママと向かい合ったりするのもいいでしょう。

不意な動きで怪我をしないために、ある程度顔の固定ができれば、どんな姿勢でも大丈夫です。歯磨き粉を使っていたら、唾液や歯磨き粉を飲みこみにくくするために、お子さんを立たせて歯磨きするのがオススメです。

「姿勢を変えたら、すんなり歯磨きさせてくれた」ということもよくあります。お子さんとママで、色々な姿勢を試してみてくださいね。

子供が歯磨きを嫌がる時、どうする?④綿棒とガーゼを使って!歯ブラシにこだわらない

すでに歯ブラシを見ると拒否反応を示してしまうお子さんには、綿棒やガーゼを使ってみましょう。歯ブラシより当たりが柔らかいですし、歯ブラシと違うものなら受け入れてくれるかもしれません。

お子さんにとって「歯ブラシ=嫌なもの」という印象になってしまっている場合、歯ブラシは嫌いでも、歯を綺麗にすることは嫌いにならないように工夫しましょう。

今までの歯磨きタイムと全く違うものだという演出も大切です。

いかがでしたか?子供が歯磨きを嫌がる時の対策をお伝えしました。

まだ説得もご褒美作戦も難しい1〜2歳の頃は、今日完璧に磨くことより、これからの習慣作りを目指して、楽しみながら歯磨きをしましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。