チェック!靴底のすり減り方で分かる『体の歪み』サイン

美容

自分の靴底を見ると、一部分だけが極端にすり減っている、ということはありませんか?

実はこれ、危険な体の歪みが起こっているサインなんです。悪い姿勢や間違った歩き方で、体が歪んだままの状態が続くと、体の不調を引き起こしてしまうこともあります。

今すぐ自分の靴底をチェックして、自分にどんなクセがあるのか確認しましょう。

奥島 美帆
奥島 美帆
2016.03.09

靴底のすり減り方と、体の歪みの関係とは?

人間の足の裏は、ゆるくS字カーブを描いていて、かかと・親指よりの指の付け根・足の指の3点でバランスをとっているのが、正しい状態だそうです。

正しいバランスの取れた姿勢で歩くと、親指の付け根で蹴り出して、かかとから着地します。

そのため、正しい姿勢で歩いている方の靴底は、かかとと親指の先の部分が同じようにすり減っていくのが理想的と言えます。また、左右均等であることも大事です。

靴底のすり減り方と、体の歪みの関係①外側がすり減る

靴底の外側ばかりがすり減る方は、O脚やガニ股の方が多いです。

この状態で歩いていると、足の内側の筋肉が使われずに外側ばかりが発達して、がっちりとした足になってしまいます。

また、骨盤が開きやすいので、ぽっこりお腹の原因にもなります。膝や腰にも負担がかかり、腰痛などを引き起こすことも。

外側がすり減っている方は、足の親指側に体重をかけるように意識して歩きましょう。

胸とお腹をすっとまっすぐに伸ばすようなイメージで歩くと、自然に足の内側に力が入りますよ。

また、すり減った靴のままにしておくと、さらにO脚が進んでしまいます。すり減り方が極端に偏っていたら、早めに靴を新調すると良いですね。

靴底のすり減り方と、体の歪みの関係②内側がすり減る

内側が極端にすり減る方は、X脚や内股の傾向があります。

高いヒールを履く女性に多く、背中を丸めて歩いている方にも起こりやすいです。

かかとや小指の付け根で体重を支えているので、タコや魚の目ができたり、外反母趾になりやすかったりします。こちらも骨盤が開きやすく、腰痛やお尻の垂れにも繋がります。

改善するには、まずは背筋を伸ばして、まっすぐ前を見て歩くこと。地面に1本の線が引いてあるとイメージして、その線に沿って足を出すようにすると良いですよ。

靴底のすり減り方と、体の歪みの関係③つま先がすり減る

つま先だけが減っていく方は、踏み込むように前のめりに歩いていることが多いです。

つまづきやすく、つま先に体重がかかりすぎて、外反母趾にもなりやすいです。

また、背中の筋肉や手を使わずに歩く傾向があるため、二の腕ぽっちゃりになる可能性も。

つま先がすり減る方は、静止して立っている時にも体重が前にかかっている傾向があるので、壁にしっかり背中をつけて、正しい状態を確認することから始めてみましょう。

歩く時は、顔が前に出ないように少しアゴを引くようにして、かかとから着地することを心がけましょう。

靴底のすり減り方と、体の歪みの関係④かかとがすり減る

かかとがすり減っていく方は、かかとから着地した後に、足をひきずるように歩いている方が多いです。

脚を持ち上げる動作をしないため、脚の筋肉が衰えやすくなります。

腹筋や背筋も弱い人が多く、腰に慢性的な負担がかかって、腰痛や狭窄症を起こす原因ともなってしまう歩き方です。

こちらも、まずは背筋を正し、腹筋と背筋をピンと意識して歩くことが大事。太ももを軽く持ち上げ、地面を蹴り出すようなつもりで歩くと改善に繋がります。

いかがでしたか?あなたの靴底はどうでしょう?当てはまる歩き方のクセがあったのではないでしょうか。

自分のクセを治すのは、簡単なことではありませんが、体の歪みがひどくなる前に、正しい姿勢と歩き方を意識していきたいですね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。