IKEAの○○をDIY!使いやすいクローゼット収納の作り方

インテリア

みなさん、クローゼットの中の引出し収納は、どんなものを使っていますか?
引き出しが深くて奥のものが取り出しにくかったり、引き出しが重くて出し入れしづらい…という経験がある方も、いらっしゃるのではないでしょうか。今回は、IKEA(イケア)のあるアイテムを使用した、軽くて使いやすいクローゼット収納のDIYをご紹介します。

クローゼット収納に便利な、IKEAのあるアイテムとは?

出典:www.ikea.com

IKEA(イケア)のあるアイテムとは、トロファストの収納ボックスです。

トロファストと言えば、おもちゃの整理など子供用に使うことをイメージしがちですが、とても軽いので、クローゼットの収納にもとても便利なんです。浅めのボックスは全体を見渡せるので、奥のものが埋もれてしまう心配もありません。

しかし、トロファストの専用の棚は子供が使うことを前提に作られているため低い作りとなっており、大人がクローゼットで使うには少し使いにくいのが難点。

そこで、今回はトロファストの収納ボックス用の棚をDIYしていきたいと思います。

【DIY】IKEAのトロファストを使ったクローゼット収納①材料を揃え、組み立てましょう

【材料】(棚1つ分)
12ミリ合板
・645×450 2枚(側板)
・335×450 2枚(天板、底板)
・30×311 2枚(幕板)

SPF1×1(もしくは同じくらいの太さの木材)
・450ミリを6本(レール)

・木ネジ
・塗料

今回はリーズナブルな合板を使用しましたが、お好みのものでOKです。レール部分に使用する木材は1×1がない場合は、同じくらいの太さのものであればOKです。

作り方はとっても簡単!
まず、側板の内側にレールとなる1×1材を木ネジでとめ、続いて幕板→天板→底板の順に組み立てていきます。

【DIY】IKEAのトロファストを使ったクローゼット収納②塗装し、ボックスをセットしましょう

組み立てが終わったら、塗装をしましょう。

クローゼットの中は普段見えないので、無塗装のままでもいいのですが、毎日使うものが自分のお気に入りの色だと、それだけで気分がいいものです。私はお気に入りのBRIWAXのjacobeanという色で塗装しています。

塗料が完全に乾いたら、いよいよ収納ボックスをセットしましょう。

レール部分がぶつかったりしないかチェックし、もしスムーズに引き出せない場合は、木ネジを再度入れ直して微調整してください。

【DIY】IKEAのトロファストを使ったクローゼット収納③収納を楽しみましょう

完成したら、早速衣類を収納してみましょう!

実はこのトロファストの収納ボックス。Tシャツなど薄手のトップスを6枚収納するのにピッタリな大きさなのです。我が家では、前後に3枚ずつ畳んで収納しています。

ボックスの下部を大きめにとった訳は、ボトムスを収納するためです。デニムなどを畳んで重ねると横から柄が見えるので、とても選びやすいですよ。

我が家では2畳ほどのクローゼットに向かい合わせで同じデザインの収納を作り、主人と一緒に使っています。主人は私よりもTシャツ類が多いので、このトロファスト収納法はとても重宝しているようです。

IKEA(イケア)のトロファストDIYする、使いやすいクローゼット収納の作り方をご紹介しました。

IKEAの大人気商品『トロファストの収納ボックス』は、おもちゃの収納以外にも、クローゼット収納に使えるんです!ぜひ、DIYで使いやすいクローゼット収納作りをしてみてくださいね。