ハロウィンに向けて…♡丸ごとかぼちゃを食べ尽くすとっておきの方法

インテリア

ハロウィンも近付き、かぼちゃが丸ごと売られている光景も多く見られるようになってきました。
日頃小さくカットされているかぼちゃを買う方も、この時期はかぼちゃを丸ごと手に入れてハロウィンに向けて気持ちを高めてみてはいかがでしょうか?
かぼちゃの調理で悩みがちな問題も解決できる動画つきです!
ぜひご覧ください♡

ハロウィンに向けて♡丸ごとかぼちゃを調理する方法① 硬くて切れなかったかぼちゃは、身近なアレを使って解決◎

かぼちゃを丸ごと買ったはいいけれど、あまりにも硬くて切ることができず涙をのんだ経験、ありませんか?
生のかぼちゃは想像以上に硬く、一筋縄では切れませんよね。
さて、そんな時に是非試していただきたいのが、どこのご家庭にもあるアレを使った驚きの方法なんです。

そのアイテムとは、割り箸(もしくは菜箸)。
割り箸をどうやって使うの?となかなかイメージかつきにくいと思いますが、今回はその驚きの切り方をご紹介いたします!

ぜひこちらの動画を参考にして、皆さんも実践してみてください☆

ハロウィンに向けて♡丸ごとかぼちゃを調理する方法② かぼちゃの旨味を最大限引き出すコツ

引用:item.rakuten.co.jp

かぼちゃは選ぶのが難しい野菜の1つではないでしょうか?
煮物にすると、ベチャッとしてしまうもの、ホクホクにならず硬い芯が残ってしまうものもありますよね。

「あぁ、また失敗しちゃった」と、食事の前からテンションが下がってしまうことも……。ただ、今回ご紹介する方法でかぼちゃに熱を加えると、カボチャの質にあまり左右されることなく、おいし〜いかぼちゃに仕上げることができるのです。

用意するものはアルミホイル。
1/4にカットしたかぼちゃ全体に塩を適量振り、アルミホイルでくるみます。180度に予熱したオーブンで1時間半程度じっくりと加熱すれば、中までほっくほくのかぼちゃが完成します。

自然の甘みが引きたち、これだけで食べてしまいたくなるほど♡
温かいうちに、皮だけを取り除いて、柔らかくなったかぼちゃを漉して、ペースト状にしておけば、色々な料理にアレンジか可能です!

100g程度に小分けして冷凍庫で保存しておけば、解凍するだけで様々な料理にアレンジできて便利ですよ♡

ハロウィンに向けて♡丸ごとかぼちゃを調理する方法③ かぼちゃペーストで作る!自家製パンプキンスープ

余計なものが一切含まれないパンプキンスープを1度のんでしまったら、間違いなく病みつきになってしまうでしょう。
コクと甘みで身体がほっこり身体が温まるのを感じます♡

作り置きしたペーストを伸ばして作るだけなので、忙しい朝でも、手の込んでいる自家製スープをパパッと作ることができますよ!


<材料> 2人分
・かぼちゃのペースト           100g
・バター                 10g
・牛乳                  350ml
・コンソメキューブ            1個
・塩                   ひとつまみ

1.かぼちゃのペーストとバターを鍋に入れ、馴染ませたら、ダマができないように牛乳を少しずつ加えていく。
2.仕上げにコンソメキューブと塩を溶かして味を整え、充分に温まったらできあがり。

ハロウィンに向けて♡丸ごとかぼちゃを調理する方法④ かぼちゃペーストで作る!デパ地下風かぼちゃのサラダ♡

デパ地下でつい目が止まってしまう美味しそうなかぼちゃのサラダ。自宅で作れば値段を抑えて大量生産が可能です!

炭水化物と合わせにくいかぼちゃですが、今回ご紹介するかぼちゃのサラダなら、パンに挟んでサンドウィッチにしても美味(*^^*)

もちろんお弁当にも、綺麗な彩りを加えることができます♡

<材料> 2人分

・かぼちゃのペースト           100g
・ベーコン                1枚
・ヨーグルト               小さじ2
・クリームチーズ             大さじ2
・塩                   適量
・黒こしょう               適量
・アーモンド               4〜5粒

1.ベーコンは細切りにして、油をひかずにフライパンでカリカリに焼く。
2.かぼちゃのペーストに、マヨネーズ、クリームチーズ、1のベーコン、刻んだアーモンドを加え、塩コショウで味を整えよく混ぜたらできあがり。

多くの方が愛してやまない秋の代表食材といえば、イモ・クリ・カボチャ♡
今回はかぼちゃを食べ尽くす方法をご紹介いたしました!
抗酸化作用の高いかぼちゃをたくさん食べて、美味しく、内側から綺麗を目指しましょう(*^^*)