離乳食で覚えておきたい【赤ちゃんが食べてはいけないNG食材】とは

子育て・ライフスタイル

新生児と毎日、格闘中のママ。ミルクが終わって離乳食が始まると心配なのが、「食べさせてはダメな食材ってなんだろう?」という疑問です。
誰だって最初は知らないことだらけ!こちらでママに知って欲しいNG食材をご紹介しますので、サクッと確認してみてくださいね。

【赤ちゃんが食べてはいけないNG食材①】はちみつ

体に優しくて栄養たっぷりの甘みといえば、「はちみつ」です。

健康や美容に気をつけている大人が摂っている「はちみつ」ですが、1歳児未満のベビーにはNG食材なんです!

なぜかというと、はちみつは花の蜜が原料になっているからです。

その花は、土で育ちますよね。土には、土壌菌(ボツリヌス菌の芽胞)が含まれている可能性があるため、免疫機能を持っていないベビーには危険、ということで、NG食材と言われています。

1歳を超えれば免疫機能が発達してくるので、少しずつ食べさせてあげましょう♪

【赤ちゃんが食べてはいけないNG食材②】生もの(魚や貝類)

ベビーには免疫機能がありませんから、生もので食中毒を起こす可能性が高くなります。

大人でさえ、体調の悪いときなどは生ものにあたる方もいますよね。
ですから、3歳頃まで生ものは控えて、火の通ったものを食べさせてあげるようにしましょう!

【赤ちゃんが食べてはいけないNG食材③】アレルギーを発生させる可能性が高いもの

そば、えび、かに、いか、たこ、ピーナッツ(落花生)などの食材は、生命に危険を与える程の強いアレルギーを発生させる可能性が高いので、絶対に気をつけましょう!

アナフィラキシーショック(呼吸困難・じんましん・下痢・低血圧などが起こり生死の危険性があるアレルギー反応)などを起こしたら、取り返しがつきません。

また、ピーナッツはそれ自体だけでなく、ピーナッツクリームやピーナッツオイルなどにも使われているので、気をつけましょう!

【赤ちゃんが食べてはいけないNG食材④】油の強いものや塩分の強いもの

豚バラ肉、ベーコン、ウィンナー、塩鮭などの塩魚、オイル漬けツナ缶など、油や塩分が多いものは、ベビーの消化器官に大きな負担をかけてしまいます。

まだ消化器官がしっかりと発達していないため、消化不良を起こしてしまいがちなので、避けておくべき食材となっています。

いかがでしたか?基本的なNG食材をご紹介しました。
ベビーはまだまだ体ができあがっていないので、大人と同じものはすぐに食べられません。ここでご紹介した食材以外にも、アレルギーを持っているかもしれません。
離乳食ではできるだけ、1日1食材を加熱して、少しずつ様子を見ながら食べさせてあげましょう♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。