LA風の朝食♪卵料理「エッグインアネスト」が新しい!

グルメ・レシピ

LAで人気の朝食、「エッグインアネスト」をご存知ですか?
エッグベネディクトやエッグスラットに続いて、次なるトレンドとも言われている卵料理”エッグインアネスト”が、味わいも食感も新感覚と話題になっているのです!
自宅でも作れる♪エッグインアネストの魅力をご紹介します♡

平林玲美
平林玲美
2015.11.08

エッグインアネストとは?

出典:tabelog.com

「エッグインアネスト」とは、LAで大人気の朝食卵料理♡

朝食で有名な大人気レストランである「サラベス」でも提供されており、今日本でも注目が集まっているんです。

エッグインアネストは、今も人気のエッグスラットに似た卵料理。カリカリのポテトとチーズクラストの中に、ふわっとした卵が入っています。

実はネストとは”巣”という意味で、このクラストを巣に見立てた卵料理なのです!

エッグインアネストのレシピは?

卵料理のエッグインアネストは、自宅でも作る事ができます♪

レシピは、まずじゃがいもの皮をむいて茹で、金網おろし器でおろして刻んだチーズを混ぜます。
それを、オイルを塗ったカップケーキ型につめたら、トースターへ。

表面がカリッとしたら、卵を落として塩こしょうをし、更に2,3分焼き上げて完成です♡

卵の焼き加減は、お好みでOK。半熟が好きな方は、1分半〜2分が目安です。

エッグインアネストのレシピは、アレンジいろいろ♪

エッグインアネストのレシピは、アレンジすることもできます♪

ジャガイモでつくる型に、刻んだベーコンやタマネギなどを混ぜれば、栄養もボリュームもUP。仕上がりに粉チーズやバジル、パセリなどを振りかけても、美味しく頂けます。

また、卵をそのまま落とすのではなく、一度溶いてから流し込むのも◎
カップケーキのような見た目の卵料理になり、キッシュのような食感を楽しむことができますよ♡

エッグインアネストを作る際に、マフィン型がないときは?

卵料理、エッグインアネストを作りたいけれど、マフィン型がない…という方もいらっしゃるかもしれません。そんな時は、是非オーブンの天板に、そのままポテトを広げて焼いてみてください♪

出来るだけこんもりとのせ、真ん中をくぼませるようにして焼き上げればOK。一度焼き上げれば型が決まるので、卵を落としても大丈夫です。

ココットやマグカップなどに直接つめて、そのまま出すのもオススメ♡おもてなしにも、喜ばれますよ。

いかがでしたでしょうか?
続々とブームになる卵料理の次なるトレンド「エッグインアネスト」をご紹介しました。
カリカリ食感と一緒に楽しむ卵の味わいを是非一度作ってみてくださいね♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。