今日からできる!美BODYに近づく簡単エクササイズ《下半身編》

美容

こんにちは!Total aid stationトレーナーの高山です。前回に引き続き、美BODYに近づく簡単エクササイズをご紹介します。

今回は、下半身を中心にお伝えします。下半身は体の中でも大きな筋肉が占める割合が大きく、美BODYのためには、ここをスルーすることはできません!それでは、一緒に頑張っていきましょう。

美BODYに近づく!下半身の簡単エクササイズ《脚を制する者がボディメイクを制す》

脚のエクササイズと聞いてまず想像するのは、"スクワット"なのではないでしょうか。今回は、そのスクワットの行い方を少し変えて、内ももやお尻まで効くようにしながら行います。

1,脚を肩幅よりも広めに開きます。
2,踵と踵に線を引いたつもりで、その上にお尻を落とすように膝を曲げます。この時、胸を張り、膝を曲げた時に膝のお皿が内側に向かないようにします。つま先と同じ方向に膝を向けることを意識しましょう。
3,20回×3セット行います。

今日からできる!美BODYに近づく簡単エクササイズ《体幹編》

美BODYに近づく!下半身の簡単エクササイズ《体の半分の筋肉を使い活性化させる》

"スクワット"は、体中にある筋肉の半分を使う、と言われています。つまり、色々なエクササイズを細かく行うよりも効率的であると言えますね。

まずは、ご自身で動ける範囲で、筋肉をたくさん動かすことを意識しましょう。

深くしゃがむことができればできるほど、お尻の筋肉に効いて、気になるたるみも解消されるでしょう。ヒップアップや内ももの引き締めを目指して、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

美BODYに近づく!下半身の簡単エクササイズ《可動域を広げるためにはストレッチも必要》

続いては、筋肉を使うだけではなく、緩めていくエクササイズです。筋肉を緩めることで、柔軟な、張りのある脚に変わっていきますよ。

1,脚を交差させ、ゆっくりと前屈します。
2,大きく、ゆっくり呼吸しましょう。
3,30秒×3セットを交互に行います。

※セット数を増やすごとに、伸ばしている手を徐々に下げていきましょう。少し痛気持ちいいところでキープします。

美BODYに近づく!下半身の簡単エクササイズ《ももの前は縮こまりやすいので少し長めに》

ももの裏側のストレッチを3コマ目のように行ったら、今度は前側のエクササイズです。

ももの前の筋肉は、日常生活でもよく使い、特に抱っこをしている時に縮こまりますので、よく伸ばして筋肉を緩めてあげてくださいね。

1,床に片膝だけつきます。
2,前の脚に体重をかけていき、胸を張ります。後ろに来た方の脚の前側が伸びていれば、バッチリです。
3,60秒×3セットを交互に行います。

※余裕がある方は、後ろの膝を曲げて手で持ち、さらに伸ばしましょう。

美BODYに近づく、下半身の簡単エクササイズをご紹介しました。

脚の筋肉は、つき方次第で見た目や骨盤にも影響のある部位です。日常生活でするべき事がたくさんあり、頑張っているからこそ、ご自身の体と向き合う時間が取れず、バランスが崩れてしまう方が多いように思います。

ご家族はもちろん、ご自身の体も大事にしてあげてくださいね。応援しています!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。