新生活がスタートする方必見!引越し準備で失敗しない段取りとは?

子育て・ライフスタイル

今の時期から春までは、新生活に向けて、1年の中で最も引越しの多い時期になります。お子さんの入園、入学に合わせて引越しをする方も多いですよね。

そこで今回は、そんな引越しで気をつけてほしい段取りについて、ご紹介します。

新生活を前に!失敗しない引越しの段取り①持っていくものを決める

引越しの段取りとして、荷造りや引越し業者の手配をする前にやっていただきたいこと、それは、荷物の整理です。

新しい生活で、今ある家具の中でどれが必要で、どれが不要になるのかを決めましょう。

これをしておかないと、引越しの当日になっても、家具の粗大ゴミに出すことができなかったり、新生活で使わないものまで運ぶことになり、引越しの費用もその分、かさみます。

いらないと判断したものは、なるべく早く処分したり、人に譲るのが良いでしょう。

また、最近ではフリマアプリなどを使って、不用品を簡単に売ることもできるので、活用してみるのも良いですね。

新生活を前に!失敗しない引越しの段取り②引越し業者を決める

さて、新生活に持っていくものが決まったら、引越し業者に見積もりの依頼をしましょう!

ご家族の引越しでは、どれくらい費用がかかるのか、なかなか検討がつかないですよね。ですが、引越しの見積もりの一括検索サイトに登録するのは、ちょっと待ってください!

引越しの一括見積もりサイトに登録すると、不必要な電話やメールが、たくさん来るようになってしまいます。

引越し業者を検討するなら、自分で調べて、よさそうな3社を比較するくらいで充分。春の引越しはハイシーズンなので、できるだけ安くなるように交渉したいものですね。

新生活を前に!失敗しない引越しの段取り③家で最終の見積もりを。

引越しの業者が決まったら、ご家族の引越しの場合には荷物も多いので、自宅に来てもらっての見積もりが必須です。

単身の引越しのように、口頭で伝えて見積もってもらうのでは、実際の金額と差が出すぎてしまう可能性があるので、必ず家まで来てもらって見積もりを出してもらいましょう。

成約で特典がついたりするのも、春の引越しならでは。しっかりと見積もりをしてもらいましょうね。

また、新生活で不用だと思ったものは、ここでは持っていかないものとして、業者さんにしっかりと伝えてください。

新生活を前に!失敗しない引越しの段取り④梱包作業

引越しまでに準備しなくてはいけないのが、梱包です。
小物などは、自分でダンボールに詰めるのが一番良いですよ。

引越し業者によっては全てをお任せするパックなどもありますが、これに申し込むと、引越しの見積もりは急に高くなります。時間があるのであれば、自分で梱包をした方が堅実ですね。

荷造り、梱包と言っても、最近は引越し業者の方でハンガーラックや、食器用のダンボール梱包材を用意していたりと、当日にできることもたくさんあります。

引越しの当日までにやっておきたいのは、割れ物をしっかり梱包することと、すぐに使うものをまとめること。

その他のものについては、大まかにまとめて自分で分かるように、しまう場所をダンボールに書いておけば、OKです。

失敗しない引越しの段取りをご紹介しましたが、いかがでしたか?引越し、新生活というとワクワクするものの、引越し作業は億劫な方も多いはず。業者に任せられるところは任せて、賢く梱包し、上手なお引越しをしたいものですね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。