夏といえばカレー!あなたのお好みはどれ?《タイカレー》4種類♡

グルメ・レシピ

暑くなってくると、やっぱりカレーが食べたくなりますよね♡日本の昔ながらのカレーもいいですが、私が好きなのは《タイカレー》!
あの辛さと、ココナッツの甘さがやみつきになります♡
何種類もあるタイカレーだけど、一体何が違うんだろう?そんなあなたに4種類の《タイカレー》をご紹介します♪

夏に食べたい!種類別《タイカレー》①グリーンカレー

タイカレーと聞いて一番最初に思い浮かべるのは、グリーンカレーではないでしょうか?

鶏肉、ナス、たけのこが入っている事の多いグリーンカレー。タイではカレーは家庭料理です。具材や味も家庭によって異なり、汁が多かったり、ココナッツミルクが多かったり、場所によっても味が違うそうです。

グリーンカレーのグリーン色が、世界一辛いと言われている小粒で青い唐辛子を使っているため。
見た目以上に辛くてびっくりした人も多いのでは?

夏に食べたい!種類別《タイカレー》➁イエローカレー

出典:recipe.rakuten.co.jp

スパイスがたっぷり入ったイエローカレー。グリーンカレーやレッドカレーに比べると辛さがだいぶマイルドなのが特徴です。

カルダモン、グローブ、シナモンなどの、インドカレーでも使われる事の多いスパイスをふんだんに使っています。というのも、イエローカレーはインドが由来なのだとか。ターメリックが入っているので色が黄色いのです。

スパイスの香りが好きな方や、あまり辛いのが得意でない方にオススメです♡

夏に食べたい!種類別《タイカレー》③レッドカレー

出典:tabelog.com

見た目からしてとても辛そうなレッドカレー。一味唐辛子と甘口唐辛子で作ったレッドペーストで作るので、真っ赤なんだそう!甘口唐辛子を使っているので、辛さの中にも深みがあります。

どのカレーも様々なスパイスが入っていますが、家にスパイスがなくても大丈夫!
タイカレーのペーストがKALDIなどで手頃に手に入るので、それがあれば簡単にお家でも作ることができます♪

夏に食べたい!種類別《タイカレー》④マッサマンカレー

グリーン、イエロー、レッドは知っている人が多くても、マッサマンカレーは知らない人もいるのでは?

もともとはタイの南部で食べられていたマッサマンカレー。アメリカの人気情報サイトで「世界で最もおいしい50種類の食べ物(world's50 most delicious foods) 」という企画で第一位に選ばれた事から、注目を集めています。

鶏肉とじゃがいもで作るこちらのカレー。上の3つのものと比べるとだいぶマイルドです。また、他のカレーと比べるとまだ知名度が低く、東京のタイ料理のお店でも出しているお店は多くないとか。

こちらもカレーペーストが売ってますので、お家でも簡単に作ることができますよ♡本当にマイルドな味なので、辛いのが苦手なかたにもオススメです♪

いかがでしたでしょうか?夏に食べたくなるあなた好みの《タイカレー》はありましたか?
日本のカレーももちろん美味しいですが、《タイカレー》もお家で簡単にできるんです。我が家ではよく野菜をたくさん入れて作ります。
簡単でおいしいので、ぜひタイカレーペーストを見つけたらつくってみてくださいね♪