ジェーン・バーギンのフレンチな生き方♡70歳でも美しいその理由!

Baby&Kids / Life style

HERMES(エルメス)の『バーキンバッグ』の生みの親としても知られる、Jane Birkin OBE(ジェーン・バーキン)。

彼女はモデルという職業を超えて、70歳になった今もなお、世界中の女性から憧れられる存在です。

歳を重ねてもずっと魅力的なジェーン・バーキンの美しさの理由は、彼女のフレンチな生き方にありました。

Rei Tanaka
Rei Tanaka
2016.12.24

ジェーン・バーキンのフレンチな生き方①自然体を貫く!

出典:woman.hotnews.bg

「整形はしない」と公言している、ジェーン・バーキン。

不自然さを理由に、顔にメスを入れることや、コラーゲン注入などの美容医療に抵抗感を抱いています。

そのため、前歯のすきっ歯もそのままで、それをチャームポイントに変えています。

年老いて行く自分を楽しんでいるという、ジェーン・バーキン。

「自然に老いた自分を受け入れる」という姿勢そのものがコンプレックスをなくし、内面からの美しさを醸し出しているのかもしれませんね。

ジェーン・バーキンのフレンチな生き方②自分に似合うものを知っている

ジェーン・バーキンのファッションは、Tシャツ・デニム・カゴバッグという、ベーシックが基本!

前髪パッツンやバレエシューズなどの「フレンチカジュアル」が浸透したのも、ジェーン・バーキンのスタイルからです。

ベーシックなアイテムをさらりと着こなすスタイルは、とてもカッコよく、素敵ですよね。

ジェーン・バーキンのファッションは、未だに女性たちの間で愛され続けています。

前髪パッツンは「バーキン・ヘア」と言われるほど、今でもヘアスタイルのお手本となっています♪

ジェーン・バーキンのフレンチな生き方③自分の意見をしっかり伝える

出典:stylecaster.com

エルメスの社長と飛行機で隣同士になったことをきっかけにして生まれた、『バーキン』。

ジェーン・バーキンがカゴバッグの中身をぶちまけた様子を見て、彼女のために収納力のあるバッグを考えました。

しかし今、ジェーン・バーキンはエルメスのバッグから自分の名前外すように訴えています。

製造過程で、ワニたちが残酷な殺され方をしている事がその理由だそう。

エルメスという世界的に有名なブランドが、自分のために作ってくれた名誉あるバッグですが、嫌なものは嫌とはっきりと伝える姿勢も、ジェーン・バーキンのカッコよさですね!

ジェーン・バーキンのフレンチな生き方④恋愛は小悪魔!男性は「仕事」で選ぶ

出典:www.harpersbazaar.com

2度の離婚を経験し、恋多き女性でもあるジェーン・バーキン。

いい男を選ぶ秘訣として、

「それはもう、仕事!外見よりも、その人に才能があるかないかは絶対に重要なポイント」

と語っています。

しかし、はっきりと意見を伝えるジェーン・バーキンですが、実は恋愛に関してはしたたかな小悪魔キャラなんだとか!

オシャレな男性はナルシスト?優しすぎるのは嫌われたくないだけ?……全ての行動を分析して、駆け引きしているようです。

「その人の外見より、頭の中身を見るべき」が、ジェーン・バーキン流の恋愛術なのですね♪

ジェーン・バーキンのフレンチな生き方⑤いつも笑顔でいる!

出典:www.visiteursdusoir.com

「いつも笑顔でいること」をモットーにしている、ジェーン・バーキン。

「Keep smiling―it takes 10 years off」(笑い続けましょう。10歳若返らせてくれるから)

という名言もあり、常に笑顔の大切さを話しています。

どんなに着飾っていても、どんなに綺麗でも、人は笑顔の魅力には敵わないもの。

ジェーン・バーキンがいつまでも輝いているのは、周りを幸せにする笑顔を大切にしているからなのでしょう♪

70歳になった今でも、Tシャツやデニムといったシンプルなファッションを着こなすジェーン・バーキン。

こだわりを持つことで、そのために体型を維持することや、元気でいることを意識するようになるのかもしれません。

ジェーン・バーキンのような、自然でカッコいい歳の取り方に憧れますね♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。