お姑さんウケ抜群♡年末年始の帰省ファッションはここに注意!

ファッション

年末年始の義実家への帰省は、少々憂鬱だと感じる方も多いようです。

確かに、自分の実家とは違い、好き勝手な振る舞いができず、窮屈な部分はありますよね。

しかし、お姑さんとは良好な関係を築きたいもの♡

今回は、年末年始の義実家へ帰省の際に気を付けたい、ファッションのポイントをご紹介します。

お手伝いができる服+エプロン持参でポイントアップ♡

引用:wear.jp

年末年始の帰省は、義実家へ何泊もお泊り……そんな方も多いようです。

1泊ぐらいならお客様気分も許されるかもしれませんが、何日間もお世話になるのであれば、率先してお姑さんのお手伝いをしたいところ。

実際、何もしないでいるのも、それはそれで気になってしまうので、どんどんお手伝いをしていくほうがラクだったりもしますよね。

そんな時、とても家事をするようには見えないオシャレなお出かけ服では、汚れてしまうことも気になりますし、お手伝いをやりにくい&お姑さんもお願いしにくい!

動きやすく家事をしやすい服、万が一汚れてしまっても、自分自身もお姑さんも気にならないような服を用意しましょう。

また、家事をする際にサッとエプロンを出すことができれば、お姑さんから一目置かれ、ポイントアップ間違いなし♡

エプロンも忘れずに持参しましょう♪

プチフォーマル服でお食事会も難なく対応♡

引用:wear.jp

お手伝いは頑張りたいけれど、家事がしやすいようなラフな服ばかりでは対応できないシーンもあります。

年末年始、特にお正月は、義両親や親戚の方々とお食事会へ出かける方も多いのではないでしょうか。

親戚の方々からのお嫁さんの評価は、お姑さんの評価にも直結するもの。

だらしない恰好では、お姑さんがしっかり教育できていないと思われ、お姑さんに恥をかかせる事態になりかねません。

自分自身のためにも、お姑さんのためにも、その場にふさわしい、きちんとした装いを心がけたいところですね♡

派手すぎるものは避けるほうが無難ですが、おめでたいお正月の雰囲気に合うような、華やかなワンピースやセットアップがオススメですよ♪

できる嫁はパジャマまで抜かりなく!

引用:www.buyma.com

昼間着る洋服に比べ、気を使わないのがパジャマ。

しかし、何日間もお泊りをする方ですと、お姑さんにパジャマ姿を見られる機会も少なくないはず。

きちんとした洋服を着ているのに、パジャマは着古してくたびれたものだったりすると、そのギャップにお姑さんは驚いてしまいます。

せっかく頑張っているのに、パジャマのせいで“だらしないお嫁さん”とは思われたくないですよね。

新品である必要はありませんが、きちんとした清潔感のあるパジャマを持って行くようにしましょう。

また、普段はパジャマではなく、ジャージやスウェットをパジャマ代わりにしている方もいらっしゃるかもしれません。

結婚した大人の女性として、それは少々だらしなく思われる習慣。ジャージやスウェットで眠りたい、という好みはあっても、義実家では気を付けるようにしたいポイントの1つです。

J Crew ビンテージビンテージパジャマセット

¥13,800

販売サイトをチェック

寒暖差にも対応できる服装を♡

引用:wear.jp

例えば、首都圏に住んでいる方が雪深い土地にある義実家へ帰省すると、とても寒く感じられますよね。

また、それほど寒い地域ではない義実家であっても、少し古い家だったりすると、非常に寒く感じられます。

年末年始の帰省には、寒いと感じたらサッと羽織ことができるような、あたたかいカーディガンなどを忘れずに持参しましょう!

また、逆に寒がりな義実家ですと、暖房の設定温度が高くて、暑いと感じることがあるかもしれません。

そのような場合に備えて、薄手のニットなども用意しておくようにしましょう♪

自宅のように、自分の都合で暖房の設定温度を変えにくい義実家。持参する洋服で、上手に寒さ・暑さ対策をしたいですね♡

自分の好みの洋服でオシャレを楽しみたいという気持ちは、義実家では少々我慢が必要かもしれません。

その代わり、TPOを考慮してしっかりと準備した洋服なら、お姑さんからの好感度はさらに上昇♪

せっかくなら、義実家への帰省も年末年始の楽しみなイベントにしましょう♡

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。