おせち食べ切り!ちょっと早めのリメイクアイディア特集☆

グルメ・レシピ

年明けに家族で楽しむ「おせち」。最初は嬉しくて箸が進むものの、だんだんと飽きてしまう…という方も多いはず。
今回は、そんなおせちを最後まで楽しむためのリメイク法をご紹介します。こんなものに!?と、驚きの変化を遂げるものもありますよ。
年明けから、アイディア満載で、家族が喜ぶ料理を作ってみてくださいね♪

おせち食べ切り!リメイクアイディア①紅白なますでタルタルソース

出典:item.rakuten.co.jp

とても意外なリメイクかもしれませんが、なますの酸味を生かして、簡単にタルタルソースを作ることができてしまうのです。ピクルスの代わりに大根が入った和風のタルタル、新たな発見ですよね。

全く違う姿に変えてしまえば、家族も冷蔵庫整理をしているとは思わないはず☆
カキフライやチキン南蛮のソースに、ぜひ活用してみてください!

《材料》
・紅白なます 50g
・卵     1個
・マヨネーズ大さじ4
・牛乳 大さじ1
・塩  少々

《作り方》
1.なますは水気を切って粗みじんにします。
2.ゆで卵を潰し、1のなますとマヨネーズ、牛乳と塩を加えてしっかりと混ぜたら、できあがり。

おせち食べ切り!リメイクアイディア②何でも手鞠寿司☆

出典:shop.gnavi.co.jp

具材は何でもOK!
すし飯を作り、40〜50gをラップに乗せたらギュッと包んで茶巾絞りを作ります。(食べたい分だけ茶巾絞りご飯を作ってくださいね)

そこへ、おせち料理で余った具材を綺麗に見えるようにのせ、更にラップでギュッと包んだら完成です♡

私が特にお勧めしたい具材はこちらの2つ。

【筑前煮のしいたけ】丸ごとのしいたけの場合は、丸いご飯にベレー帽をかぶせるようにしいたけをのせて包みます。煮汁がじんわりとご飯にしみ出して、食べ飽きたはずの筑前煮も格別の美味しさに♡

【数の子】お酒のおつまみというイメージも強いですが、ご飯との相性も抜群です。お醤油を数滴垂らして食べてみてください。

おせち食べ切り!リメイクアイディア③お弁当にも大活躍!レースかまぼこ

おせちには必ずと言っても良いほど入っている「かまぼこ」。こちらもつい残ってしまいがちな食材ではないでしょうか。

でも、かまぼこは様々な種類の飾り切りができたりと、自由自在に形を変えられるという魅力もあります。そんな特徴を生かして、今回ご紹介するのはレースかまぼこ。その名の通り、かまぼこをまるでレースカーテンのように見せてしまうんです。

使うものは、お好みの型(波形を使用するとレース感がupしますよ)と大きさの違うストローだけ。作り方もとってもシンプルです。

1.かまぼこを薄く切って、お好みの型で抜きます。
2.小さいストローで型の周りに穴を開ける。
3.大きいストローで内側に穴を開ける。
たったこれだけで、レースのようなかまぼこの完成です!

海苔をのせたご飯の上に真っ白なレースかまぼこがのっていたら、それだけで一味違うおしゃれなお弁当に大変身しますよ☆

おせち食べ切り!リメイクアイディア④栗きんとんでブランマンジェ

お子様も大好きな栗きんとん。それでも、大量消費には時間がかかってしまいます。甘いスイーツのような栗きんとんですが、違った形で贅沢なスイーツに変身させる方法がありますよ。

そのスイーツとは、栗のほのかな甘みに癒されるブランマンジェ。さっそく作り方をご紹介いたします。

《材料》
・栗きんとん 150g
・牛乳    350g
・板ゼラチン 5g
・塩     少々

下準備
板ゼラチンを冷水につけふやかしておく。
栗きんとんに入っている固形の栗を取り除いておく。

《作り方》
1.沸騰直前まで温めた牛乳にふやかしたゼラチンを加えて、しっかりと混ぜる。
2.栗きんとんに塩を加え、牛乳を少しずつ入れ混ぜてダマのない状態にする。
3.1度漉し器で漉したら、容器に流し入れて、冷蔵庫で冷やし固める。
4.固まったら、最初に取り除いた栗をのせてできあがり。

いかがでしたか?
おせち=飽きて残ってしまう。そんな印象を覆すようなリメイクアイディアで、最後まで美味しくおせちを楽しんでみてはいかがでしょうか?
年始から、無駄を出さないできる女性を目指しましょう☆