野菜の高騰対策に!安定して安い野菜で作る《節約レシピ》4つ

スーパーで野菜コーナーが品薄になっていたり、野菜が高くて買えないこともある2016年の冬。

天候によるものなのでどうしようもないことですが、野菜の高騰時期を乗り切るためにも、安定してリーズナブルな野菜を上手に使うことが大切です。

今回ご紹介する野菜は、安定して安く、栄養素もバッチリなものばかり。野菜の高騰対策になる節約レシピをチェックしてみてくださいね。

野菜の高騰対策に!節約レシピ① エリンギの肉巻き

野菜の高騰対策になる節約レシピ1品目は、【エリンギの照り肉巻き】です。

エリンギは、1パック100円前後で買うことができるお得野菜です。

エリンギには、ナイアシン・カリウム・エルゴステロールが含まれており、食物繊維も豊富です。

【材料:4人分】

豚バラ薄切り肉…200g程度
エリンギ…2パック分
塩・こしょう…各少々
小麦粉…大さじ1

サラダ油…大さじ1

A
しょうゆ…大さじ3
みりん…大さじ2

◇作り方

1:エリンギは食べやすい大きさに、縦に裂く。

2:1.のエリンギに、豚肉をくるりと巻き、塩・こしょうをし、小麦粉をまぶす。

3:フライパンに油を熱し、2.の肉巻きの巻き終わりが下になるように置いて、焼く。

4:3.のフライパンに合わせたAを流し入れ、汁気を飛ばしながら照りからめる。

野菜の高騰対策に!節約レシピ② 豆苗とツナの卵とじ

野菜の高騰対策になる節約レシピ2品目は、豆苗を使った【豆苗とツナの卵とじ】です。

豆苗には、ビタミンC・βカロテンが含まれています。

βカロテンは、緑黄色野菜に多く含まれる栄養素なので、野菜不足解消に役立ちますよ。

【材料:4人分】

豆苗…1パック分
ツナ缶…2缶
卵…4個

◇作り方

1:豆苗をはさみで切りとる。3センチ程度の長さに切る。

※豆苗は、いったん切っても水に浸けておくと、もう1度収穫することができるので、はさみで切り取るのがオススメです。

2:フライパンにツナ缶の油分を入れ、1.の豆苗を炒める。しんなりし始めたらツナを加えて炒め、溶きほぐした卵を流し入れ、かき混ぜながら炒める。

野菜の高騰対策に!節約レシピ③ 厚揚げと大豆のピリ辛炒め

野菜の高騰対策になる節約レシピ3品目は、大豆を使った【厚揚げと大豆のピリ辛炒め】です。

大豆には、たんぱく質・食物繊維・レシチン・カリウム・ビタミンB1・ビタミンB2・マグネシウムなど豊富な栄養素が含まれています。

蒸し大豆を使って、大豆を丸ごと食べるのがオススメです。

【材料:4人分】

厚揚げ…小2枚
蒸し大豆…2パック分(100g入り)
大根…1/3本程度
豚細切れ肉…100g

A
オイスターソース・コチュジャン・酒…各大さじ1
酒…大さじ2
みりん…大さじ1

ごま油…大さじ1

刻みネギ…適量

◇作り方

1:厚揚げ・大根を食べやすい大きさに切る。大根は耐熱皿に入れ、ラップをかけて電子レンジ(600w)で5分ほど加熱して、下ごしらえする。

2:フライパンにごま油を熱し、1.の大根を炒め、油が回ってきたら豚肉を加えて炒める。火が通ってきたら、厚揚げも加えて炒める。

3:合わせたAを2.のフライパンに流し入れ、汁気を飛ばしながら炒める。さらに蒸し大豆も入れて炒め、刻みねぎを散らす。

野菜の高騰対策に!節約レシピ④ きのこソースのチキンソテー

野菜の高騰対策になる節約レシピ4品目は、【きのこソースのチキンソテー】。えのきとしめじを使います。

えのき・しめじには、ビタミンB1・ナイアシン・食物繊維が含まれています。

【材料:4人分】

鶏もも肉…2枚
えのき…2パック
しめじ…2パック
醤油…大さじ1

刻みネギ…適量

◇作り方

1:鶏肉は一口大に切り、塩・こしょうをする。

2:フライパンにオリーブ油を熱し、皮の方を下にしてこんがりと焼き、ひっくり返してふたをし、蒸し焼きにして火を通す。火が通ったら、皿に取り出す。

3:えのき・しめじの石づきを落とし、食べやすくなるように、ほぐす。

4:2.の空いたフライパンに、3.を入れて炒め、醤油を加え、味をなじませる。

5:2.の鶏肉に4.をかけて、刻みネギを散らす。
野菜の高騰対策になる節約レシピはいかがでしたか?

どの野菜も、スーパーで手に入りやすくリーズナブルなものばかりなので、ぜひお試しくださいね。

野菜 高騰対策 節約レシピ

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

武田 真由美/節約アドバイザー・節約料理家

武田 真由美(たけだ まゆみ)

【肩書き】
節約アドバイザー・節約料理家
<…

>もっとみる