子どもの写真は大丈夫?30代ママが気をつけたい年賀状作りのポイント

もうすぐ年賀状の作成をする時期ですが、実は、30代になったからこそ、そしてママになったからこそ、気をつけたいマナーがあるんです。

「今年はどのようなデザインにしようかな……」と迷っている方へ、ポイントやマナーをチェックしておきましょう!

30代ママが気をつけたい年賀状作りのポイント
①メッセージは心を込めて!何パターンか準備しよう

「あけおめ」「ことよろ」などとしか書いていない年賀状は、30代になったら卒業したいところ。

ちょっとした近況や、相手を気遣う文面を添えるのが、大人のマナーです。

あらかじめ何パターンかの文面を、準備しておくとラクですね♪

もらった相手が誠意を感じられる年賀状が、理想的です!

30代ママが気をつけたい年賀状作りのポイント
②文字は人を表すので、丁寧に♡

年賀状の枚数が多かったり、忙しかったりすると、ついつい走り書きをしてしまいがちですが、30代になったら、文字は丁寧に書きましょう!

「文字は人を表す」と、言われますよね。

綺麗な字を書こうとしなくても良いので、丁寧に書くことだけは心がけましょう♪

30代ママが気をつけたい年賀状作りのポイント
③写真入りでないパターンも準備するのが30代ママの掟♪

賛否両論あるのが、写真入りの年賀状。

特に、子どもの写真のみの年賀状に対して、嫌悪感を示す方が多いようです。

ファミリー同士で、子どもの写真の年賀状のやりとりをするのは構いませんが、そうでない場合は、相手のことを考えて、別パターンを準備しておくべきだと思います。

30代ママは、「仕事関連の方」「未婚や妊活中の友人」には、別パターンを送る方が無難でしょう。

30代ママが気をつけたい年賀状作りのポイント
④写真を入れるなら家族全員!

「それでも、別パターンの年賀状は作りたくない!」というのなら、せめて、家族全員が写っている写真を使いましょう。

「子どもの写真が見たいわけではない」
「でも、親の近況が知りたい」

と考える大人は、案外多いもの。

自己満足だと思われかねない年賀状にならないよう、最大限の配慮をするのが30代ママのマナーです♪

ママになったからこそ、相手の気持ちを考えて、デザインを考えてみてくださいね。

30代ママが気をつけたい年賀状作りのポイント
⑤本当に送りたい人だけに!数で勝負するのは20代まで……

10代、20代の頃は、何枚の年賀状を送ったか、などと友人同士で話していたかと思いますが、30代ママは、枚数ではなく内容で勝負しましょう!

雑な年賀状を数多く作るよりも、厳選して本当に送りたい相手に丁寧に書くのがおすすめです。

厳選すれば、「メッセージを思いつかない……」「何を書こうかな」などと悩む時間が減り、ストレスも軽減するはずですよ♪
30代ママが気をつけたい年賀状作りのポイントを5つ、ご紹介しました。

毎年12月を過ぎると、ちょっと気が重い……という方も多いかと思いますが、なるべくストレスなく、楽しみながら作れると良いですね♡

30代 ママ 年賀状 マナー ポイント 子ども 写真

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

西条レイナ

ファッション&美容が大好きな、アラサーママです♡

>もっとみる