今日からあなたもお掃除上手!年末の大掃除のコツ教えます♡

インテリア

年末になると、毎年悩まれる方も多い、大掃除の時期がやってきます。今年の汚れは今年のうちに綺麗にして、新年を迎える準備をしたいもの。大掃除、片付けのコツをご紹介します。

年末の大掃除!片付けのコツ①掃除の基本

引用:www.fuji-sk.biz

家の中には小さなゴミ、大きなゴミがまぜこぜになって落ちています。まずは、手に取れるような大きなゴミから拾うのが鉄則です!

床に置きっぱなしになっているもの、使わない紙袋やお菓子の袋などのゴミは、最初に捨てます。そして、しまわなくてはならないものが落ちていたら、所定の位置に。簡単でいいので片付けをしましょう。

次に、床にほぼ何もない状態から大掃除を始めます。掃除の基本は、上から下です。天井からぶら下がっている照明器具の埃などから、順番に掃除していきましょう。最後に、床に掃除機をかけて磨けばひとまず完了です!

年末の大掃除!片付けのコツ②大きなところから小さなところへ

掃除の基本として、上から下へをマスターしたら、次にマスターすべきなのが「大きなところから小さなところへ」です。

最初に、部屋全体の掃除機がけからスタート!
大掃除の基本はまず、大きなスペースから綺麗にしていくことです。人間は不思議なもので、大きなスペースが綺麗になると、部屋全体が綺麗になったと錯覚します。これだけで、掃除のモチベーションがあがるのです。

次に、小さなところの掃除です。
具体的にはキッチンまわり、棚の上、水まわりなど。見えているけれど、小さなスペースにあるところを掃除します。この時に、いらないもの、使わないものが出てきた場合には、捨てましょう。

年末の大掃除!片付けのコツ③捨てるポイント!

引用:comobit.com

【捨てること】の話をしましたが、中には「ものを捨てることができない」と悩んでいる方も、多いのではないでしょうか。

でも、捨てるものというのは、実は決まっています。例えば、サイズが合わなくなった服。サイズが合わなくなっても、「ダイエットしてから、また着れるから!」と押入れの奥に眠っていませんか?

はっきり言って、ダイエットしてから、その服は着ません!
なぜなら、ダイエットに成功したら、新しいもっと素敵な服を買うからです。着られなくなった服、着古した服は処分品しましょう。

服以外でも、趣味が合わないいただきもののお皿などもそうですね。いただきものだから、いつか使うかもしれないから…と残してしまう方も多いですが、持っていても意味はありません。お子さんの服や、使わなくなったおもちゃも同じです。

服の処分方法でおすすめなのが、まだ綺麗なのに捨てるものなら、フリマアプリなどで売る方法や、着古して売れないものは古着の回収に出したり、寄付するとよいでしょう。

毎日、自分の好きなものだけに囲まれて生活するほうが、とても気分がいいですよ。ぜひ、実践してみてくださいね。

年末の大掃除!片付けのコツ④残すものを片付けよう!

捨てるものが決まったら、次にしなくてはならないのが、残すものの片付け、収納です。収納の種類には三段階あります。

①毎日使うものは、見せる収納
②毎日使わないけれど、週に何回か使うものは、中に入れる収納
③年に一回くらいしか出番のないものは、奥にしまう収納

片付けの手順として、年に一回程度の出番のスーツケースなどは、クローゼットの一番奥。取り出しにくい位置に片付けてOKです。

クローゼットの中でも取り出しやすい位置には、いつも使っているものを入れていきます。毎日、頻繁に使うものは、見せる収納をしましょう。

例えば、テレビのリモコンや読みかけの本など、よく使う場所に定位置を決めて見せる収納をすればOKです!また、片付け用のボックスなどを使って、テーブルの下によく使うものを収納するのもいい方法ですね。

いかがでしたか?掃除の手順というのは人それぞれかもしれませんが、心理的に綺麗になった!片付いた!と思う順番というのは、実は決まっています。それに従って片付けを実行すれば、片付けが上達した気分になれます。年末の大掃除も、楽しい気分で乗り切りましょう♡