「実際はどうなの?」単発ベビーシッターを利用する前に悩みを解決!

ベビーシッターを使うなんて……と、思っているママも多いでしょう。

とはいえ実際に、「親にも預けられない、保育園もだめ。でも、どうしても今日だけは子供を預けなければいけない!」そんな時はどうしますか?

急に必要となったときの事も考えて、事前にベビーシッターについて知っておくことは大切です。今回は、ベビーシッターの選び方や内容について、ご紹介します。

ベビーシッターの相場はどのくらい?

そもそも、単発のベビーシッターの相場は、いくらくらいなのでしょう。

もちろん、ベビーシッター会社によって金額に差はありますが、平均では2000〜3000円/1h前後となっています。

ただし、早朝や夜間など時間帯によって差があるのが現実。その他、オプションやシッターさんの交通費などを含めると、増えることもあります。

メリットは、入会金や年会費がかからないこと。

注意したいのは、単発の利用と言えど会員登録制のところもあり、入会金や年会費が発生する会社もあります。

軽い気持ちで利用するのではなく、しっかりと見極めることが大切です。

実際にベビーシッターを利用している人はどのくらい?

実際にどれくらいの方が利用しているか、ということは、ハッキリとわかっていませんが、ベビーシッターサービスの売り上げは上がっているのだそう。

そう考えると、一昔前に比べると働くママも増え、利用する方も増えていると言えます。

また、ベビーシッターを頼みたいけれど不安があったり、お姑さんなど周りの印象も気になったりするママもいると思います。

しかし現在は、共働き世帯が増えたことで、急な残業や仕事時に気軽に利用している方もいるんです。

今は、「ママの時間も大切」という風習もありますよね。そのことから、リフレッシュのためにベビーシッターを呼ぶこともあるようです。

ベビーシッターはどう選べばいいの?

まずは、近くにあるベビーシッターの情報をしっかりと集めましょう。

各社、システムや料金にも差があるため、しっかりとその違いを見ることが大切!条件と合う場所を見極め、数件電話をしてみるのも良いですね。

ベビーシッターには正式な資格はありませんが、「公益社団法人全国保育サービス協会」では、厚生労働省の補助金でシッターの研修を行い、認定試験を実施しています。

加盟している会社なら安心ですよね。加盟会社リストは、「公益社団法人全国保育サービス協会のHPで調べることができます。

気になる会社が見つかったら、口コミを調べてみたり、保育資格を持っている方がどれくらいいるか、補償金がおりるような保険に加入しているかなど、隅から隅まで調べておくと安心です!

また、「ファミリーサポート」や「子育てサポート」といった、地域で子育て支援をしている場合もあります。

ベビーシッターより安価で利用できるため、自分の住んでいる場所にそういったサービスがあるか調べるのも良いですね。

公益社団法人全国保育サービス協会 加盟会社リスト

ベビーシッターは何才くらいまで利用できるの?

こちらも会社によって異なりますが、場所によっては、12歳くらいまで見てもらえるところもあります。

12歳といえど、親からすればまだ12歳。不安しかないですよね。それでもベビーシッターは利用できるので、大丈夫です。

「ベビーシッター=小さい子」とばかり捉えられがちですが、意外と小学生の間はみてもらえるところが多いようですよ。
ベビーシッターの選び方や内容についてご紹介しました。

働くママが増え、今ではベビーシッターを利用するケースは珍しくなくなってきています。

“必要となるとき”に備え、事前に調べてみることをおすすめします!

ベビーシッター 子育て 赤ちゃん

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

Rei Tanaka

3歳の息子のママです!
ママに役立つ情報を発信したいと思います♪よろしくお願いします。

>もっとみる