ヘアカラーは冬こそ楽しめる♪オトナ女子におすすめのデザインカラー

美容

ついつい重い色のファッションを選んでしまいがちな冬だからこそ、ヘアカラーにこだわるのがおすすめ!
”派手すぎ””若すぎ”のイメージがあるデザインカラーですが、実は忙しいアラサー女性やママの強い味方なんです。
おすすめの子供っぽくならないデザインカラーをご紹介します♪

Kyoko Kameyama
Kyoko Kameyama
2015.11.11

冬はヘアカラーにこだわる!おすすめデザインカラー①ハイライト・ローライト

デザインカラーの中では、1番ナチュラルに見えて試しやすいのが、ハイライト・ローライト!

全体に筋のように明るいカラーや暗いカラーを入れることで、立体感が出るんです。
ベースの色と色味の差をワントーンくらいに抑えれば、子供っぽくならず、アレンジした時の毛流れが綺麗に見えますよ。

定番のカラーは決まっている、でもあんまり大胆には変えたくない…そんな人でも安心して試せる、ニュアンスデザインカラーです。

冬はヘアカラーにこだわる!おすすめデザインカラー②インナーカラー

憧れの髪色があるけれど、全体カラーは勇気が出ない、そんな人にはインナーカラーがおすすめです!表面は落ち着いたダークカラーにして、ハチから下の髪だけ色味を変えるんです。

すごくモードになりそう…と思いがちですが、色味は変えずにトーンだけ明るく、明るさは同じだけど色味を変えるなど、明るさと色味のどちらかが同じなら、奇抜にはなりません。

下ろしていると目立たず、髪をアップにすると出てくるカラーなので、ただポニーテールにしているだけなのに、すごくオシャレに見えますよ。

表面をダークカラーにしておけば、プリンの心配もなし!気軽に明るめのデザインカラーを楽しむことができるんです。

冬はヘアカラーにこだわる!おすすめデザインカラー③ポイントカラー

出典:hair.cm

毛先だけ、またはひと毛束だけ、などのポイントのみのデザインカラーは、ショートや伸ばしかけヘアにおすすめ!アレンジいらずのオシャレヘアになりますよ。

ポイントカラーはベースと似た色だと目立つことがなく、「色が抜けたの?」と思われちゃうので、思い切ってトーンが違うカラーをおすすめします。

派手になりすぎないポイントとしては、全体がアッシュならアッシュ系、ブラウンなら相性のいいレッド系など、同じ系列の色味で揃えること!美容師さんに相談してみてくださいね。

冬はヘアカラーにこだわる!おすすめデザインカラー④グラデーションカラー

最後に、デザインカラーの中で1番お手入れが簡単なグラデーションカラーをご紹介します。

ロングヘアはもちろん、伸ばしかけの髪にも◎
毎月のようにサロンに通わなくてもプリンの心配もなく、デザインカラーを楽しむことができますよ。

毛先に向かってだんだん明るくなるグラデーションですが、他のカラーと同じように、色味の差を少なくすれば子供っぽくはなりません。

ただ、明るい毛先が傷んでると思われないように、こまめなヘアケアを心がけましょう!

いかがでしたでしょうか?
デザインカラーをうまく使えば、難しいアレンジやお手入れいらずで、オシャレヘアをキープできるんです♪
ぜひこの冬に試してみては?

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。