異国での育児に奮闘中!「妻の鑑」里田まいさんを応援したい♡

子育て・ライフスタイル

ニューヨーク・ヤンキースの田中将大(たなかまさひろ)投手とご結婚され、2016年の2月には第一子となる息子を出産した、里田まい(さとだまい)さん。

異国の地、アメリカでの育児生活もまもなく3カ月が経とうとしています。

慣れない環境下で、大変ながらもたくましいママぶりを見せる里田さんなりの生活とは?

いつでも前向きな里田さんの考え方に、毎日を楽しく過ごすヒントがありました!

里田まいさんと田中将大投手の馴れ初めは?

日本テレビ系の正月特番「プロ野球オールスタースポーツフェスティバル」で司会を務めていた里田まいさんと、楽天代表で出場していた田中将大投手は、この共演をきっかけに親交を深めたと言われています。

そして2010年11月15日、お互いのブログで交際宣言。2012年の1月26日には、結婚報告がされました。

結婚にあたり里田さんは、「彼との生活を最優先に考え、いつも頑張っている彼をサポートしていくつもりです。」とコメント。

「おバカタレント」として活動もしていた里田さんですが、田中投手との交際時から健康面などのサポートをするために陰ながら努力をし続け、今も献身的に支える姿から「理想の妻ランキング」1位に輝いた実績もあるほどです。

結婚4年目に待望の第一子を妊娠♡

2015年の9月に妊娠を発表した里田さん。

すでにヤンキースでプレーをしていた夫についていき、アメリカで生活していたことから、生まれ育った日本ではなく、アメリカでの出産を選択。

初めての出産で不安も倍なはずなのに、穏やかで笑顔いっぱいに過ごす姿をブログにアップし続けていました。

けれども里田さんは、どんな風に赤ちゃんを迎えるのか、不安と期待でいっぱいだったようです。

アメリカの現地時間2月15日に男の子を出産!

ご両親や多くの友人がいる日本ではなく、アメリカで出産に臨んだのは、愛する夫と一緒にその瞬間を迎えたかったからだとか。

フロリダ州タンパにいた田中投手も、出産に立ち会うことができたそう。

里田さんは無事、ニューヨーク市内の病院で3,360グラムの男の子を出産しました。

夫がパパになったことを心から喜ぶ里田さん

お互いにとって初めての育児。

出産後、思うように動けない里田さんに代わって、田中投手はおむつを替えたり、抱っこしたり、お包みも上手にこなしてくれたとのこと。

パパになった夫を見るのが、何よりも幸せだと話しています。

出産後からサポートしてくれていた里田さんのお母さんも日本へ帰国し、いよいよ本格的な育児に突入。

田中投手とは交代でごはんを食べたり、協力しあっているそうです。

とはいえ、田中投手は月の半分は家にいないため、「タフじゃないとやっていけないアメリカ生活」とブログで綴っています。

里田さんが「良き妻」として努力する理由

交際当初から、「いずれメジャーリーグでプレーしたい」という夢を聞いていたそう。

そして里田さんは、「夫が日本でナンバーワンの投手ならば、私は日本でナンバーワンの妻になる」と決意したそうです。

当時バッシングもあった中で、親しい関係者のみに漏らしたというその思い。

今ではジュニア・アスリートフードマイスターの資格を取得するほどの料理の腕前を持ち、必死に勉強して日常会話英語も身につけたことから、その意志の強さが伺えますね。

里田さんの努力し続ける姿勢は、多くの人々の目標となっています。

ポジティブな里田さんに支えられている田中投手。献身的なサポートを続ける里田さんは、まさに「妻の鑑」ですよね。

どんな出来事にも笑顔を絶やさない姿勢を見習えば、毎日をよりよく過ごすことができそうです。