もしもの為に……がん医療で注目の「アドバンスケアプランニング」

もしもの為に……がん医療で注目の「アドバンスケアプランニング」

小林麻央(こばやしまお)さんや北斗晶(ほくとあきら)さんなど、幼い子を持つ人気タレントの乳がん公表をきっかけに、育児中のママたちの間でも、自分の体のことを気にかける方が増えてきているそうです。

もしも自分や大切な家族が、がんなどの病に冒されてしまったとき……たとえ病気になっても自分らしく、前向きに治療に取り組みたいと考える方がほとんどなのではないでしょうか。

今から知っておきたい新しいキーワード、「アドバンスケアプランニング」についてご紹介します。

アドバンスケアプランニング(ACP)ってなに?

アドバンスケアプランニング(ACP)という言葉を聞いたことはありますか?

ACPとは、病気になっても自分らしく前向きに、自分の望む人生や生活を送るために、患者自身とその家族、そして医療従事者が治療について一緒に考えること。

主に、がん医療に携わる医師や看護師の間で、ここ数年の間に少しずつ広がってきた考え方です。

まだまだ一般的とまでは言えないものの、広島県では、地域をあげてACPに取り組むなど、だんだんと注目を浴びるようになってきたんです。

かつてACPは、予後不良の患者に対し、終末期医療やエンディングノートなどに近い意味で使われることもありました。

しかし最近では、患者自身が納得し、前向きな闘病生活を送るために、病気の初期段階から積極的にACPを取り入れるシーンも増えてきています。

アドバンスケアプランニングで「自分らしく前向き」に治療に取り組む!

病に冒されると、だれでも希望を見失ってしまったり、治療が医師任せになってしまうこともあるでしょう。

けれど、病気になっても、叶えたい願いや譲れない思いは誰にだってあるはずです。

「10月の子どもの運動会が見たい」と願うのならば、その日程に合わせて、入院や手術のスケジュールを組む。

「ご飯を美味しく食べたい」と願うのならば、味覚障害の副作用が出やすい薬の使用は避ける。

ACPを通じて、患者の願いを叶えながら治療を行うことは、決して不可能ではありません。

実際に、「病気のために生活の全てを制限し治療に取り組んだ場合」と、「病気になっても自分らしく前向きに、できることは制限せずに生活をした場合」とでは、後者の方が治療成績がよかった、という研究結果も出始めているそうです。

自分や大切なだれかの「もしも」の時のために……

たとえば、幼い子をもつ4yuuu!世代の私たちママが、病気になってしまったとき……。

「できるだけ子どもの側にいたい」という願いが生まれるのは、当然のことですよね。

病気だからといってその願いを諦めず、目標に向かって、医療従事者との二人三脚で治療に取り組むACP。

前述の通り、ACPは、医療従事者の間でも一般的とまでは言えない現状があります。

けれど、自分や大切な人のもしものときのためにも、ぜひ知っておきたいキーワードなのではないでしょうか。

広島市-ACPをご存知ですか?

がん医療を中心にじわじわと広がりを見せている、アドバンスケアプランニング(ACP)についてご紹介しました。

今では当たり前になったインフォームドコンセントやセカンドオピニオンのように、きっとこれから広がっていくのではないでしょうか。

アドバンスケアプランニング ACP 治療 病気 乳がん がん セカンドオピニオン インフォームドコンセント ACP 病院 病気 エンディングノート

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

Nagisa Miyamori

2012年よりAneCan、美人百花、andGIRL、CLASSY等の読者モデルとして活動。
現在は高知県高知市に移…

>もっとみる