大掃除と一緒にお片づけ♪《お掃除道具》のスッキリ収納術

インテリア

そろそろ、年末の大掃除を始めている方もいるのではないでしょうか?

せっかくなら、大掃除と一緒に掃除道具のお片づけもして、スッキリ!

おしゃれで使い勝手の良い収納術を身につけませんか?

快適な収納をすることで、より掃除への意欲が湧いてくるはずですよ♪

大掃除と一緒に「掃除道具」も快適収納にチェンジ!

掃除や洗濯に欠かせない液体洗剤は、ボトルを統一させることでスッキリ!

最近は、ラベリングシールを貼ったシンプルボトルが人気ですが、セリアなどの100円ショップでも、ラベリングシールが手に入ります。

液体ボトルの周りに洗剤が付いてしまったり、詰め替えをしている方は、大掃除の際に古くなったボトルも一緒に処分して、スッキリ収納に変えてみてはいかがですか?

また、掃除用のタオル類やスポンジ、ストックアイテムも、デザインや色を統一したボックスなどに収納することで、棚の中までスッキリした掃除道具の収納が叶います。

洗濯に欠かせないピンチやネットも、シンプルに色を統一することでスッキリ!

最近では、清潔感のある白や黒などモノトーンカラーの収納グッズが人気となっています。

大掃除では外せないキッチン周りも、洗剤ボトルやスポンジなどをモノトーンにすることで、買ったままのボトルで置いておくよりも生活感を感じない空間となります。

バスルームの掃除道具も、やはり白が人気です。

しかし、清潔な印象を与える一方で、汚れやすい色でもあります。

掃除道具や収納グッズを白に統一したことで、見違えるほどスッキリとした収納が叶いますが、特に水回りでは天敵だらけ!

水垢などに気をつけて、軽く磨いたり、水滴を拭き取るなど、日々ちょっとしたことに気を使うことで、キレイな空間を保つことができます。

ついつい壁に立てかけてしまいがちな、スティックタイプの掃除道具。

収納棚に突っ張り棒を取り付けて吊るすことで、掃除道具同士が絡まったり、ごちゃごちゃせずにスッキリとした収納ができます。

吊るすことで、下にもスペースが生まれるので、液体ボトルやストックアイテムなどを収納することもできます。

その際も、収納ボックスを使うことで、スッキリと片づいた印象が生まれます。

スプレー式のルームフレグランスなど、大掃除でおしゃれなボトルに生まれ変わった液体ボトルを"見せる収納"として出しておきたい方には、こんなアイデアがオススメです。

いくらおしゃれになったとはいえ、そこは"お掃除グッズ"。そのまま出して並べていても、あまりおしゃれではないですよね。

バスケットやアイアンのカゴなどに収納し、ちょい見せすることで、インテリア感を出すことができますよ。

大掃除と一緒に片づけたい《お掃除道具》の収納をご紹介しましたが、いかがでしたか?

スッキリ片づいていると、使った後もまた元どおりにしたくなるので、日々の片づけが苦手な方や、今よりもワンランク上の収納を目指している方はお試しくださいね♪