お出かけ必須アイテム「レジャーシート」の機能&デザインのススメ

ファッション

暖かくなってきて、ピクニックなど外へお出かけしたくなる季節になってきましたね。

ピクニックやキャンプ、また運動会などのアウトドアシーンでの必需品となるのが「レジャーシート」。ただ座るだけ、と思われがちですが、柄だけでなく機能にもバリエーションがあるんです!

今回は、レジャーシートを選ぶときのチェックポイント、そしておしゃれなデザインのレジャーシートをご紹介します。

YACO☆
YACO☆
2016.05.05

レジャーシートを選ぶときは○○をチェック!

出典:www.buyma.com

「レジャーシートはどれも同じ」と思って、デザインだけで選んではいませんか?

実は、さまざまな機能があり、用途によって適したものを選ぶことが大切です。ご自分の使うシーンを想像してから選ぶと、間違いないですよ。

【サイズの選び方】
レジャーシート選ぶとき、最初に注意すべきポイントは”大きさ”です。レジャーシートには、それぞれ目安の人数が表記されています。

実際に使う人数の表記のものを選んでもいいのですが、私のオススメは、使用する人数よりも少し大きめのものを選ぶこと。

荷物を置いたり、子供がお昼寝をしたりもできるので、大きめだと余裕が生まれます。また、テーブルを置いたりもでき、さまざまなシーンに対応できるんです♪

出典:www.amazon.co.jp

【素材選び】
サイズの次は、素材をチェックしましょう!

基本的にレジャーシートは、地面に直接敷くものなので、”素材”を確認して選びます。

湿りやすい素材は、座っているうちに洋服などが濡れてしまうこともあるので、地面の湿気を防げる素材かどうかが、1番大切なのです。

座る面の素材は、肌触りやクッション性など、好みのものでOK!

例えば冬場などは、起毛素材を選ぶと暖かく過ごせます。最近では、湿りにくいだけでなく、滑りにくい素材でできているものも多いですよ。

また、畳んだときに小さくなったり、バッグのように収納できるものは、持ち運びも楽ちんです♪

機能&デザインにこだわった、オススメのレジャーシート♪

出典:zozo.jp

BRUNO(ブルーノ)のレジャーシートは、コンパクトに収納できる袋付きです。

シートの素材は、表地がポリエステル、裏地は、地面からの冷気や湿気を伝わりにくくする素材でできています。

厚手なのも、オススメのポイント。また、ペグホール(器具を固定する四隅の穴)もあるので、レジャーシートがめくれず、快適に過ごせますよ♪

レジャーシート

¥3,888

販売サイトをチェック

出典:www.amazon.co.jp

アントレックスのレジャーシートは、少し厚手で、暖かい素材が特徴です。

地面は、気温より少し冷えているので、涼しい季節だけでなく、1年を通して使えます。

畳むとバッグ型になり、デザインも可愛いですよ。

レジャーシート アクリル チェック

¥2,776

販売サイトをチェック

出典:www.amazon.co.jp

こちらは、星柄のデザインが可愛く、また嬉しい防水素材で機能的!表地も柔らかい素材になっています。

JooXoo 折り畳みレジャーシート 防水仕様

¥2,170

販売サイトをチェック

出典:www.amazon.co.jp

子供がいると、レジャーシートに飲み物こぼしてしまったり、汚すので、簡単に洗えるものが欲しい!という方には、”クッションレジャーシート”がオススメです。

洗ったり、水拭きもしやすい素材で、クッション性も備えていますよ!

クッションレジャーシート

¥1,408

販売サイトをチェック

いかがでしたか?自分たちのスタイルに合わせて、機能的でおしゃれなレジャーシートを探してみてくださいね。

レジャーシートを変えるだけで、お出かけの時の気分がさらにアップしますよ♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。