無難なモノトーンから脱出!春ピンクコーデの大人的取り入れ方とは

ファッション

ママになってから無難なモノトーンコーデが多くなった、という方も、多いのではないでしょうか?モノトーンアイテムは、着回し力抜群で、生地の汚れやシワも目立ちにくく、ママコーデには欠かせません。

とはいえ、モノトーンばかりの毎日では、気持ちも弾まず、お洒落が楽しめないことも。特に、これから春に向けては、華やかなファッションを楽しみたい季節に突入しますので、カラーアイテムをプラスしたいところです。

オススメなのが、女性らしさや春らしい華やかさをプラスしてくれる“ピンク”!
大人になるにつれて、避けてしまいがちなカラーでもあります。そこで今回は、簡単にいつものコーデを春らしく仕上げてくれる、ピンクカラーの取り入れ方を伝授したいと思います。

牧村麻美
牧村麻美
2016.02.21

春ピンクコーデの大人的取り入れ方:ショッキングピンクは差し色に♡

出典:wear.jp

まずは、ビビッドなショッキングピンクに注目!

ショッキングピンクは、一気にコーデを華やかに目立たせてくれる、とっても明るく、元気なカラー。その一方、取り入れ方を間違えると、悪目立ちしてしまう難しいカラーでもあります。

そんなショッキングピンクを取り入れる場合は、カバンや靴などの小物類から挑戦するのがオススメ♡

いつものモノトーンコーデにプラスするだけで、全体をピリッと引き締めてくれるスパイス的な存在に。甘過ぎない、適度な女性らしさを演出できますよ。

春ピンクコーデの大人的取り入れ方:広範囲で使うならピリ辛アイテムと合わせて♡

出典:wear.jp

お次は、ワンピースやオールインワンなど、コーデの広範囲を占める割合でピンクアイテムを投入する場合についてです。

広範囲にピンクを持ってくる際は、写真のようなメンズライクなアイテムと合わせて、程よく甘さを抜くのがオススメです。

革ジャンやキャップ、革靴など、普段使いにくいアイテムも、広範囲のピンクと合わせると、スッキリ着こなせます♡

アクセサリーにおいても、パールや華奢なものを選ぶのではなく、太めのシルバーやゴールドなど、メンズライクなアクセサリーを選ぶと良いですね。

春ピンクコーデの大人的取り入れ方:大人は、シンプルピンクをチョイス♡

出典:wear.jp

お次は、ピンクのファッションアイテムを購入する際に注意しておきたいこと。

ピンクカラーは、それだけで女性らしい柔らかさや、華やかさを取り入れることができるアイテム。そのため、フリルの付いたデザインや、レースやパールなどの甘いデザインのものを選んでしまうと、ゴテゴテとした、可愛らしさばかりが目立ってしまいます。

もちろん、フェミニンなコーディネートがお好きな方にとってはベストアイテムでしょう。でも、着回し力を重視する大人コーデを望むママには、あまりオススメできません。

選ぶ際には、なるべくシンプルでスッキリとしたデザイン&ラインのアイテムをチョイスするようにしてみてください♡

春ピンクコーデの大人的取り入れ方:ピンク以外のお目立ちカラーは排除しよう♡

出典:wear.jp

ラストに注意したい点は、ピンクカラーを取り入れる際には、他のお目立ちカラーと混ぜないこと!

特に避けておきたいのが、ブルーやグリーン、イエロー、パープル。コーディネート内で互いのカラーが喧嘩しあい、ゴチャゴチャとした、まとまりのないファッションに仕上がってしまいます。

ピンクカラーは、ブラック、ホワイト、ベージュ、グレーなどのモノトーンカラーにプラスしましょう。どうしても他のカラーを取り入れたい時は、同系色を1点程にするのが無難です。

この際に注意したいのが、子供のお洋服。いくらママのコーデで上手にピンクを引き立たせても、子供のお洋服カラーと喧嘩してしまえば、チグハグな雰囲気になってしまいます。

ママと子供は、常に一緒にいる状態。子供のコーデについても、常に意識して選んであげるようにしましょう。

いかがでしょうか?取り入れるだけで、一気に女性らしく、春らしい、華やかな雰囲気にしてくれるピンクカラー♡
秋冬のモノトーンコーデに飽き飽きしているママや、着まわしばかりの無難ファッションに嫌気がさしているママは、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょう?

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。