『ホームパーティ』を楽しい思い出に♡企画する側が注意したいコト

子育て・ライフスタイル

子どもの誕生日♡小さなうちは、家族や親戚でのお祝いがメインですが、幼稚園に入ったり、習い事を始めたりと集団生活が始まり、お友達ができると、お友達とのパーティをする機会も増えていくかもしれません。

その際の企画や準備は、”ママの役目”。楽しい思い出にしてあげるためにも、思わぬトラブルは避けたいものです。

そこで今回は、パーティを企画する際に、気を付けたいポイントをご紹介します。

ホームパーティの企画で注意したいこと①誰を呼ぶ?

まずは、大切な招待客についてです。

まだ小さなお友達を、「私は呼んでもらえなかった」と傷つけることのないよう、また、ママ友から「仲間はずれにされた」と誤解されることのないよう、しっかり配慮したいもの。

声のかけ方には色々あり、それぞれに利点と難点があります。

子供の年齢や環境、ママ友との付き合い方も考え、どのように声掛けするかを考えてみてくださいね。

①カテゴリごとに全員声掛けする

利点⇨みんなに声掛けするので、仲間はずれが出ない。
難点⇨大勢が集まることになるので、場所の確保が大変&おもてなしも大変。あまり仲良くないお友達や、苦手なママ友がいる場合も出てくる。

②普段仲良くしているグループに声掛けする

利点⇨普段から仲良くしている分、気楽に楽しめる。
難点⇨程良く仲良くしている人の気分を、害してしまうことがある。

③子供に呼びたい人を選ばせる

利点⇨子供は仲良しだけを集められるので、楽しい時間を過ごせる。
難点⇨苦手なママ友や、普段あまり付き合いのないママ友とやり取りすることにもなる。

大きく分けると、この3つの呼び方ではないでしょうか。ある程度年齢が上がれば③もありますが、まだ小さなうちは①か②が無難。

呼び方としては、会った時にサラッと話したのち、メールなどで概要を送信し、参加の可否を問うのが一般的だそうですよ。

ホームパーティの企画で注意したいこと②負担を最小限に!

我が子が主役のパーティを企画し、ゲストとなるお友達やママ達まで呼んでしまった……。そうなると、たくさんのお料理準備や、おもてなしできる広い空間を作らなければ!と考えてしまいがちです。

ですが、大切なのは”楽しく過ごせること”。

変に見栄を張ったり、頑張っても、ママが疲れてしまうだけ。おもてなしに忙しくて、我が子の笑顔が見れなかった……というのでは、意味がありませんよね。

ママが頑張りすぎずにゲストにも楽しんでもらえる、”最低限用意したいもの”をご紹介します。

・おもてなしフードやドリンク

⇨簡単な大皿料理を出しても良いですが、ケータリングや購入品を並べるだけでもOK!お食事時間を外して、お菓子などでおもてなしするのもアリです。

・飾り付け

⇨100円均一に行けば、手頃な装飾グッズが豊富にあります。風船などをたくさん膨らませておくと、見た目も華やかで、子供たちも遊べて喜びます。

・ありがとうのプレゼント

⇨お誕生日会などでは、ゲストからプレゼントをいただくことが一般的になります。来てくれたことや、プレゼントを用意してくれたことに感謝を表すため、帰る際には、プチギフトを用意しておきましょう。

ホームパーティの企画で注意したいこと③その他のポイント

最後に、その他に注意したいことをご紹介します。

・食器は割れないものを準備

⇨100円均一などで、ペーパー食器を用意しておきましょう。見た目も可愛らしく、後片付けもラクです。

・自宅が汚れる覚悟をし、危険なものは排除する

⇨大勢の子供が集まれば、ご飯も散らばり、ジュースも溢れることでしょう。その場合も笑顔で対応できるよう、あらかじめ、汚れてもOKな空間作りをしておきましょう。

気になる方は、外の施設を貸し切ることがオススメです。また、子供が触って危ないもの、壊れやすいものなどは、なくしておくのも大切です。

・子供が飽きない工夫

⇨大勢の子供とママ達が集まると、ママは、おしゃべりに夢中。子供は、子供たちで好きに遊んでね♪という雰囲気になりがち。

パーティにメリハリを付けるためにも、途中でイベントを用意しておくのがオススメです。ビンゴやババ抜き、他にも、みんなで粘土やお絵描きタイムを楽しむのも、面白いですね。

・アレルギーの確認

⇨最近は、食品アレルギーを持つ子供が多いと言われています。お友達を呼ぶ際には、アレルギーの有無を確認し、もしものことがないように、注意しておきましょう。

・あらかじめ解散の時間を伝えておく

⇨楽しい時間は、あっという間。そろそろ帰って欲しいと思っても、なかなか言い出しにくいものですよね。

ですので、招待する際に、集合時間と一緒に解散の時間を伝えておくのがオススメです。来てくれた方も、「そろそろ。」と言ってくれるはずですよ。

いかがでしょう?我が子が主役のパーティ♡みんなで素敵な時間をシェアできるよう、また、我が子が最高の笑顔で過ごせるよう、上手に企画しましょうね♪