夫婦できちんと決めておきたい!子育てとしつけの○○とは?

子育て・ライフスタイル

子育てには、正解もマニュアルもありません。
ただ子どもがパパとママを信頼し、どんな困難にぶつかってもぶれない一枚岩の家族になるには、1つの秘訣がある…ということをご存知でしょうか?
今日は夫婦で子育てをしていく上で大切な、夫婦できちんと決めておきたい「○○」について紹介します!

夫婦で決めておきたい、子育てとしつけの「○○」とは…

出典:www.norddal.kommune.no

いつも夫婦で話し合って決めておきたい、子育てとしつけの「○○」。それは「我が家のルール」です。とくに「何がしてもよいことで、何をしてはいけないのか」の基準を明確にし、夫婦で統一させておくことが大切です♡

例えば、「子どもがお菓子を食べている…」こんなシュチュエーションを想像してみて下さい。ママはもう少しでご飯だし、身体に悪いお菓子は食べてほしくない。だからこそ「いまお菓子を食べるのはやめようね」とたしなめる。一方で、パパが「いいじゃないか、別に。後でちゃんとごはんも食べような。」とフォローしたとします。

あくまでも一例ですが、これでは普段から子どもはママの言うことを聞かなくなってしまう可能性が高いです。また、状況に応じて自分の味方をしてくれる相手(この場合はパパ)とそうでない相手(この場合はママ)に対して、態度を使い分けるようになってしまう恐れがあります。
また、「パパは良いと言ったけど、ママはダメだと言った、どちらだろう?」と、正しい生活習慣を身につける上での混乱の原因にもなってしまうのです。

夫婦で決めておきたい「しつけ」のルール①パパはいつでもママの味方!

出典:www.pametnica.rs

あくまでも1つの考え方ではありますが、例えば上の例のように「お菓子を食べるのをやめさせたいママ」「お菓子を食べたい子ども」のように、ママと子どもの気持ちが対立してしまった時には、パパにはママの味方になってもらいましょう。

パパとママの意見はいつでも同じ。一枚岩のようにがっちりとして、決してぶれることは無い、という姿勢を魅せ続けることが大切です。これに対して子どもも、一時的に反抗的な態度を取ることもあるかもしれません。しかし幼児期の反抗的な態度は、成長のための通過儀礼のようなもの。将来的には、父母・そして家庭・家族への絶大な信頼を築く礎となることでしょう。

普段から、様々なシュチュエーションを想定して、夫婦で「我が家のルール」を決めておくことにより、夫婦でぶれない子育てとしつけに取り組んでいきましょう!

夫婦で決めておきたい「しつけ」のルール③育児のこと、パパに伝えるポイントは…

そうはいっても、うちのパパは子育てやしつけに興味を持ってくれない!積極的でない、というお家もありますよね。そんなパパに、育児について話をするポイントは3つです。

1つめは、「理解し合えるはず」という理想を捨てること。男女は別の生き物ですし、夫婦も生まれ育った環境が違う他人です。「理解し合えなくて当たり前」というところからスタートし、少しずつ距離を縮めて、着地点を見つけていくのがポイントです。

2つめは、自分の理想を押し付けないこと。「我が家ルール」を決めるのは、ママではなく夫婦です。ママの理想をパパに押し付けるだけでは、パパも無関心になってしまうのは仕方の無いこと。いつも「あなたはどう思う?」と相手の意見を聞きながら、自分と意見が違う時にも譲歩する気持ちをもって、話し合いをするのがポイントです。

3つめは、話は簡潔に、そして愚痴にならないように。男性は女性と違って、愚痴を聞くのが苦手です。相手の機嫌の良い時に相談内容の要点をまとめて、論理的・客観的・簡潔に相談することがポイントです。

夫婦で決めておきたい「しつけ」のルール④我が家のルール作りをしましょう♡

子育て、しつけをする時に子どもから「どうしてダメなの?」と聞かれた時に。「ダメなものはダメ!」「常識だから」で済ませるのはNGです。
夫婦で「我が家のルール」を話し合う時には、ぜひ「これはどうしてOKで、これはどうしてNGなのか」という線引きと理由付けまで、きちんと話しておきましょう。

それが一般的にどうなのか、ではなく、夫婦でどう決めて、こういう理由でダメなのだ、と子どもに伝えられるようにしておくことが大切です。

もっと子どもが成長するにつれてぶつかるであろう問題…「みんなが持っているおもちゃ、どうして僕は買ってもらえないの?」「どうして私だけ携帯電話をもっちゃいけないの?」
また、将来的にお受験をするのかしないのか、アルバイトをさせるのかさせないのか、男女交際はどこまで認めるのか、など。小さなうちから夫婦で話し合うことを習慣にしておくことで、より大きなハードルも夫婦で乗り越えられるようになるはずです。

今から1日10分でも、週に30分でも構いません。夫婦で「我が家のルール」について、話し合う時間を見つけてみてはいかがでしょうか?

子どもがパパとママを信頼し、どんな困難にぶつかってもブレない一枚岩の家族になるための秘訣、それは夫婦でいつも「我が家のルール」について話をしておくこと。
偉そうなことを綴りましたが、私もこれからイヤイヤ期を迎える一児の母。今のところ、我が家のルールでなんとか乗り切っていますが、今後もっと大きな波を乗り切れるのか…身をもって実証していきます♡