ポニーテールに飽きたら♪オシャレなお団子ヘアアレンジのポイント

美容

ママになると、とっても便利なまとめ髪。髪の毛を引っ張られる心配もなければ、子供と遊びまわっても邪魔になりません。
おまけに、なかなかサロンに行けない伸びかけの髪型だって、カバーしてくれます。笑
しかし、毎日1つに縛っているだけでは気分も上がらない上、お洒落度は欠けてしまいがちですよね(^^)
今回はそんなママにオススメ!可愛く今らしく、お団子ヘアを楽しむポイントをご紹介します♡

お団子ヘアのアレンジポイント①とにかく緩く×手ぐしがマスト♡

お団子を作る際に、クシやブラシを使ってしまうと、きついしっかりとしたお団子になってしまいます。ちょっと理想とは、かけ離れてしまいますよね。

お団子ヘアのアレンジポイントは、とにかくパパッと手ぐしがマスト(^^)
指で掻き分けるように、指を広げながら全体をまとめていきます。お団子の下部分は、ある程度膨らんでいる位がベスト。

頭頂部もふっくらとさせるのが、今らしい抜け感ヘアのポイントです。
髪質がサラサラとした直毛の方や、しっかりとした太さと張りのある方などは、軽くマッドなワックスを指に付けて行うとやり易いですよ。

お団子ヘアのアレンジポイント②逆毛を立てる!

引用:allabout.co.jp

お団子ヘアのアレンジポイントは、トップで1度髪の毛をまとめたら、内側に逆毛を立てるのがオススメ!

ざっくり感とボリュームがプラスされ、お団子にまとめた時の髪流れもわかりにくくなりますよ♡

逆毛を立てる際も手ぐしでOK。一塊ずつ毛束をとったら、先端を指で持ち、反対側の指で結び目部分に向かって、逆毛を立てます。

あまりやり過ぎると、お団子が凄まじいボリュームになる上、髪にダメージを与えてしまいますので、あくまでも手ぐしでざっくり逆毛を立てるのがアレンジのポイントです。

お団子ヘアのアレンジポイント③位置を変えてみる!

お団子ヘアというと、お団子が高い位置にあるものをイメージしますよね。
しかし、これだと元気な印象があります。子供もいるのに、少し子供っぽいのでは…と抵抗感のある方は、是非位置を変えてみて(^^)

お団子ヘアのアレンジポイントは、後頭部の下あたりにボリュームのあるお団子を持ってくるだけ。
1つ縛りとは、また違った印象のヘアアレンジになりますよ♡

この際は、しっかりトップ部分にボリュームを出すことをお忘れ無く。最後に指で、髪の毛を引っ張りながら調整しましょう。

お団子ヘアのアレンジポイント④編み込み出来る方はコレ!

編み込みが出来る方にオススメのヘアアレンジが、お団子の下に編み込みを入れること。難しそうに思えますが、編み込みが出来る方であれば、とても簡単なアレンジ方法です(^^)

この場合は、1度お団子を作る高さから、上の髪の毛を全部まとめておくのがポイント。編み込みの邪魔にならないように避けておいたら、下から順番に髪の毛を編んでいきます。

鏡を見ると逆に混乱してしまうので、頭ごと下を向いて、髪の毛を上に上げた状態で行う方がやり易いです。

最後に、避けておいた髪の毛と合わせれば、後は普通のお団子ヘアのアレンジと同じです。

いかがでしょう?
秋冬はボリュームのあるお洋服も多いですが、髪の毛をまとめておく事で、よりスッキリとした着こなしが出来るようになります(^^)
タートルネックなどの首詰まトップスと、お団子ヘアの相性は抜群ですよ。
1本にまとめたポニーテールよりも、スッキリしてお洒落感もアップ♡是非皆様も試してみてください。