お部屋のグリーンが弱っていない?冬の観葉植物の育て方・コツ

Cover image: www.facebook.com

暖かい季節は、何もしなくてもぐんぐん成長して元気すぎるくらいだった観葉植物たちも、気温が低くなる冬は育て方を注意してあげないと弱ってしまうことがあります。

「なんだか最近元気がないな……」と感じているなら、お手入れや育て方を変える必要があるサイン。

お部屋のインテリアとしてだけでなく、心をほっとさせてくれる観葉植物の冬の育て方のコツをご紹介します。

冬に知っておきたい「観葉植物の育て方」
▶︎寒暖差にご注意を

太陽が出ている、日中と夜との気温差が大きくなる冬。

室内であったとしても、冷気が入ってくる窓際などにある観葉植物は、想像以上に昼夜の気温差にストレスを感じているかもしれません。

また、玄関など外に置いている鉢物の植物たちも、冬支度として寒暖差がなるべく少ない場所に移動させてあげたいところ。

年中栽培できると謳う観葉植物でも、南国原産のものなどは案外寒さに弱いもの。

10度以下になりそうな場所は避けるか、夜になったら場所を移動させてあげるなどこまめにケアしてあげましょう。

冬に知っておきたい「観葉植物の育て方」
▶︎水のやりすぎになってない?

太陽の日差しを浴びて光合成をし、ぐんぐん育つ夏と違って冬は植物もお休みモード。

熊が冬眠をするように、植物たちも程度の差こそあれ冬眠に近い状態になる場合があります。

冬眠モードになった植物たちは、夏ほど水を吸い上げません。

今までと同じように水をやっていると、水が多すぎて根っこが呼吸できなくなり、根腐れを起こしてしまうこともあります。

水やりは、土の表面が乾いたらほんの少しずつあげる程度で十分です。

元気がないとついつい水をあげてしまいたくなるかもしれませんが、その水が植物を枯らす原因になることもあるんですよ。

冬に知っておきたい「観葉植物の育て方」
▶︎空気の乾燥対策には葉水を

暖房を使う冬場は、室温が乾燥しがちです。

寒さで弱っている上に、空気の乾燥で葉に潤いがなくなれば、植物は病気になることも。

かといって水を土にあげると根腐れを起こすとしたら……。

対策としておすすめなのは、霧吹きなどで葉っぱに直接水を吹きかけてあげることです。

植物によっては、土への水やりを控えて、葉への霧吹きだけで水は十分という場合もあります。

冬に知っておきたい「観葉植物の育て方」
▶︎冬だからこそできるお手入れ

観葉植物は、冬こそできるお手入れがあります。

例えば大きく伸びすぎてしまった枝は、植物が休眠モードに入っている冬の間に剪定すると、春にまた新しい葉を芽吹かせてくれます。

また、元気がなくなると肥料が必要かな?と思うかもしれませんが、活動が鈍くなっている冬は不要です。

春になったら肥料をあげるように準備をしておきましょう。
冬の観葉植物は、「少し乾燥気味」を心がけることが大原則。

また、どこに置くかによっても、植物の元気度合いが変わります。

冬の暮らしに彩りを添えてくれる観葉植物たちですが、育て方をほんの少し気をつけるだけで、春になるとすくすく元気に育ってくれるものですよ。

観葉植物 育て方 室内 屋内 部屋 暖房

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

小内はじめ

おしゃれなもの、DIY、ふらふら一人旅が大好きなフリーライター。
手を動かすことが大好きで、可愛…

>もっとみる