マツコさんも絶賛!オキシ漬けがダメなら「ハイホーム」で解決♪

マツコさんも絶賛!オキシ漬けがダメなら「ハイホーム」で解決♪

SNSで流行し、今やすっかり定番となったオキシ漬け。

そんなオキシ漬けでも落ちない場所をしっかり綺麗にしてくれるのが、TVで紹介されて話題になったこともある「ハイホーム」です。

その魅力と掃除箇所別の使い方をご紹介します♪

大掃除に♡使い方をマスターしたい「ハイホーム」

www.yodobashi.com

ナチュラルクリーニング派のママたちからも人気の、オキシクリーンを使ったオキシ漬け。

確かにオキシ漬けは、簡単で、なんでも綺麗になりますが実は苦手な掃除箇所もあるのです。

・お風呂の鏡などのウロコ
・焦げ
・茶渋

といった、こすって落とさないとなかなか取れない汚れは、オキシクリーンでは少々物足りないことも。

そんな時に活躍するのが、自然派素材のクレンザー「ハイホーム」です。

数年前に、マツコ・デラックスさんが出演しているTV番組「月曜から夜ふかし」でも紹介され、マツコさんも大絶賛だったのだとか。

日本珪華化学工業 ハイホームファミリー

¥391

販売サイトをチェック

大掃除に♡「ハイホーム」の使い方
①シンクをピカピカに

ハイホームがその真価を発揮するのが、シンクのお掃除です。

クレンザー感覚でスポンジなどにとって磨けばいいのですが、しっかり落としたいならスポンジよりもラップを使った掃除方法がオススメ。

粒子がスポンジの中に入らないため、ラップを使った方がハイホームの力を引き出すことができます。

磨き方は簡単。ラップを指にぐるぐると巻き、ハイホームをのせたら優しくぐるぐるとシンクをこするだけ。

傷をつけないように、フェイスマッサージをするようにくるくる指を滑らせるだけでシンクがピカピカになりますよ。

大掃除に♡「ハイホーム」の使い方
②鍋やコンロの焦げ付きに

鍋やコンロの焦げ付きは、オキシ漬けでも取れますが、結局こすり洗いが必要になります。

シンク同様ラップ戦法でもいいですが、スポンジでも大丈夫。

ハイホームはペースト状なので、スポンジを使う際にはしっかりと水気を切ってから使うといいですよ。

大掃除に♡「ハイホーム」の使い方
③おふろの水垢や石鹸カスに

なかなか落ちないお風呂の鏡のウロコや、水垢、石鹸カスもハイホームでお掃除を。

ただし、しっかりと流し切らないと、乾いたときにハイホームが残って白く見えることが!

磨いた後は、ハイホームをきちんと流してあげましょう。

浴槽の床、バスチェア、湯桶などの汚れもハイホームで取れますよ。

大掃除に♡「ハイホーム」の使い方
④クレヨン汚れに

ご機嫌にお絵描きしていると思ったら、子どものテンションが上がってテーブルや床、壁にクレヨンがはみ出してしまった……という事件、子育て中ママのあるある話ですよね。

油汚れに強いハイホームは、クレヨン汚れもしっかり落としてくれます。

ハイホームのペーストをクレヨンがついた場所に乗せて、しばらく馴染ませたあと、拭き取ってみましょう。

スルスル落ちるのに感動してしまうかもしれません。
天然素材で作られているハイホームは、子育て家庭やペットのいる家でも安心のナチュラルなお掃除アイテム。

年末の大掃除はもちろん、1年中活躍してくれます。

使い方をマスターして、掃除をもっと楽ちんに、そして綺麗にしてしまいましょう!

ハイホーム 使い方 大掃除

↑「いいね」すると4yuuu!の最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

Yui.O

毎日をちょっと楽しくするための妄想が止まらないフリーライターです。
家事や子育てを笑顔ででき…

>もっとみる